検索結果

No. 388 患者が受けた線量の記録と管理

患者が受けた線量を記録・管理することは必要ですか?

記事作成日:2019/03/14 最終更新日: 2019/04/05

医療法施行規則の改正で義務化されました

2019年3月11日公布(2020年4月1日施行)

比較的線量が大きく、装置に線量が記録される場合などが対象となっています。

FAQ

『当該診療を受ける者の医療被ばくによる線量を記録すること。』の医療被ばくによる線量とは具体的に何を意味しているでしょうか?

第7回医療放射線の適正管理に関する検討会で議論がなされています。

『診療を受ける者の被ばく線量を適正に検証できる様式を用いて行うこと。』の診療を受ける者の被ばく線量を適正に検証できる様式 とは、診療を受ける者 とその者がいつ診療を受けたかが確認できて、その診療による線量(線量を評価できるデータも可?)が記録されている様式ということでよろしいでしょうか?

『関係学会等の策定したガイドライン等を参考』と記述されています。

当該放射線診療を受けた者が特定できる形で被ばく線量を記録している場合は、の『当該放射線診療を受けた者が特定できる形で被ばく線量』とは写真や照射録に記録されているものでも可だったと思いますが、実効線量や主な臓器組織の吸収線量ではなく診断参考レベルの評価線量や一般撮影では撮影条件でも良いと言う理解でよろしかったでしょうか?

実効線量や主な臓器組織の吸収線量も記録を必要とすべきとの議論は検討会ではなされていませんでした。

関係法令

医療法施行規則の一部を改正する省令(第21号)
厚生労働省告示第61号
医療法施行規則の一部を改正する省令の施行等について(医政発0312第7号)
病院又は診療所における診療用放射線の取扱いについて医政発0315第4号(平成31年 3月 15日)

関係する検討会

医療放射線の適正管理に関する検討会

経緯

No. 367 患者線量の記録と管理

放射線リスクの大きさ?

余命損失

診療用放射線の安全管理の規定の概要

医療法施行規則の一部を改正する省令案(規則第1条の11関係)

  • 診療用放射線の安全管理に関する規定を新たに設け、次に掲げる事項を放射線診療機器等を備える病院又は診療所の管理者に対して求めることとする。
  • 診療用放射線に係る安全利用のための指針の策定
  • 放射線診療に従事する者に対する研修の実施
  • 厚生労働大臣の定める放射線診療に用いる医療機器、陽電子断層撮影診療用放射性同位元素又は診療用放射性同位元素を用いた診療における医療被ばくによる線量の管理及び記録その他の診療用放射線の安全利用を目的とした改善のための方策の実施

医療法施行規則第1条の11 第2項第3号の2ハ(1)に規定する厚生労働大臣の定める放射線診療に用いる医療機器とし

て、以下の医療機器を定める。
・ 移動型デジタル式循環器用X線透視診断装置
・ 移動型アナログ式循環器用X線透視診断装置
・ 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置
・ 据置型アナログ式循環器用X線透視診断装置
・ X線CT組合せ型循環器X線診断装置
・ 全身用X線CT診断装置
・ X線CT組合せ型ポジトロンCT装置
・ X線CT組合せ型SPECT装置