検索結果

No.170 核医学治療を受けた御遺体の火葬時の放射線安全

Sr-89を投与されたご遺体を火葬する予定です。火葬炉の煙道からバグフィルター間の集塵機までの清掃にあたらせる作業者に何らかの配慮は必要でしょうか?
また、バグフィルターの交換に注意は必要でしょうか?

記事作成日:2011/04/25 最終更新日: 2019/03/13

残存している放射能の量により被ばくしうる線量は異なります。
事前に推計できますので、ご心配な場合には、作業者とよく協議して理解を得て作業に従事してもらうのがよいでしょう(ICRP Pub.94 170節)。
なお、火葬場から環境に放出されるSr-89の量は極めて微量(=計画被ばく状況での公衆の線量限度と比較して小さい)で公衆等への曝露は無視しうると考えられます。

審査情報

審査結果報告書
平成19年6月29日薬事・食品衛生審議会薬事分科会議事録

関連記事

核医学検査を受けた患者さんからの放射線
Lu-177での事例の報告があります。

火葬場からの有害物質の放出抑制対策

火葬場における有害化学物質の排出実態調査及び抑制対策に関する報告書の送付について
火葬炉から排出される有害物質の実態調査とその抑制対策