検索結果

No.245 教育用のX線装置を設置する場合

放射線の学習に用いるために、医療用のポータブルX線装置を多目的実習室に設置したいと考えています。多目的実習室を放射線管理区域とする必要はありますか?

記事作成日:2014/08/29 最終更新日: 2021/01/17

放射線装置室

エックス線装置を設置するときは専用の室(放射線装置室)を設けなければならないとされています(電離則第15条)。

例外規定

エックス線装置を随時移動させて使用しなければならない場合や自己遮蔽がなされている装置などは、この限りではないとされています(電離則第15条)。

放射線装置室以外でエックス線装置を使用する場合

エックス線管の焦点又は放射線源及び被写体から5m以内の場所に労働者を立ち入らせてはならないとされています(電離則第18条)。ただし、外部放射線による実効線量が1週間に付き1mSv以下の場所を除くとされています。

管理区域の設定

3月間に1.3mSvを超えるおそれのある区域は管理区域とする必要があります(電離則第3条)。

線量を評価する場所

利用線錐方向も評価が必要ですか?

評価が不要とする規定は見当たりません。H(10)が20 μSv/hを超えないように遮蔽された構造の放射線装置を使用する場合には、放射線装置室を設置する必要はないとされています。

管理区域への立入制限

事業者は必要のあるもの以外を管理区域に立ち入らせてはならないとされています(電離則第3条)。

何が問題?

  • 放射線装置室の多目的利用を容認するかどうか?
  • 関係者間で検討されたガイドラインが存在していない(?)
  • 学生に対する放射線防護のあり方

教育施設でのエックス線装置使用のガイドライン例

をご存じの方は教えて下さい。

山口大学

解剖学との連携

坂口修一.手術手技の教育・研究用エックス線透視装置の設置と運用

実践例

X 線透視による脊椎外科医の職業被曝の実際 未固定遺体より学ぶ

X線装置の防護基準

エックス線装置構造規格に従ったものとする必要があります。
医療用エックス線装置であれば、その規格を満足していると考えられます。

関連記事

学生実習での放射線防護

労働安全衛生法

放射線を発生しうる装置の労働基準監督署への手続

教育現場以外での放射線事故例

電子工場軟X線局所被ばく事故対応

教育現場での放射線事故例

軟X線発生装置による被ばく事故

富樫 厚彦<岩手高校生被曝事故に関する考察>軟X線発生装置を利用した高校生物理授業における手指被曝事故の考察 : 2.計算による被曝線量推定
鈴木 昇一, 小林 正尚, 越田 吉郎.<岩手高校生被曝事故に関する考察>軟X線発生装置を利用した高校生物理授業における手指被曝事故の考察 : 3.岩手の超軟X線装置による被ばく事故と同様な装置による線量測定
西谷 源展, 大釜 昇, 笠井 俊文, 遠山 景子, 山田 勝彦.<岩手高校生被曝事故に関する考察>軟X線発生装置を利用した高校生物理授業における手指被曝事故の考察 : 4.理科実験用X線装置による線量測定

クルックス管を用いた物理実験は配慮することで安全に中学校や高等学校で実施することができます。お近くの専門家にお尋ねください。

クルックス管周辺のH'(0.07)

H'(0.07) around crookes tubes

データの出典

谷口 和史ら.クルックス管プロジェクトシリーズ発表(3) 教育現場での実態測定結果報告.日本放射線安全管理学会 第17回学術大会( 2018/12/5 名古屋大学)
Rのコード

防護のアイデア例

barrier around crookes tubes
距離を取らせ、制動放射を低減しています。
秋吉優史.学校教育現場におけるクルッス管の安全管理とその活用

平成32年度から移行措置としてクルックス管の放射線授業が実施される見込みであるようです

新学習指導要領移行措置
(4) 平成32年度の第2学年の理科の指導に当たっては,次のアからウまでのとおりとする。
ア 現行中学校学習指導要領第2章第4節第2〔第1分野〕の2(3)ア(エ)に規定する事項については,新中学校学習指導要領第2章第4節第2〔第1分野〕の3(5)エのうち「放射線の性質と利用」に関する規定を適用するものとする。

費用負担

国庫補助金を利用した負担軽減策
全中理支援センター 代表理事 高畠勇二.被ばく軽減に配慮した放電実験
足立区立第十三中学校 鈴木 優 都中理 OB 高畠勇二.クルックス管から発生する放射線の被ばく軽減に配慮した放電実験のための留意点
林 壮一, 川村 康文, 村上 聡.大学生に対する高校物理実験および放射線学習の現状調査
高校での放射線関係の物理実験の経験が乏しいことが示されています。

実態把握の試み例

令和元年度「理科教育設備整備に関する充足調査」調査表について(調査対象校の皆様へ)
中学9番、高校11番に「クルックス管の保有状況」の項目が今年度から加わっているそうです。
山中晴登.クルックス管における放射線被ばくについての研究

類題・クルックス管を用いた実験を理科の実験で行うことを考えています。念のために放射線の線量率を計測したら検出できませんでした。安全と考えて良いですか?

低エネルギーの光子に対して十分な応答を持たない放射性計測器では、クルックス管周辺の放射線量を適切に測定できず、皮膚の真皮の基底細胞などへの付与エネルギーを適切に評価できず、それだけでは安全性が評価できません。

考慮が不十分と思われる例

文献

宇藤茂憲.教育現場における冷陰極管の漏洩X線について
クルックス管の調査に応じてくれた中学校理科教師にこれらの事実を告げると,理科教師のほとんどはこのことを認識していなかった。
井上創.真空放電管演示実験時の授業者・生徒のX線被ばく量の測定及び防護方法の確立

大森儀郎.クルックス管から漏洩するX線の実態とその対策
クルックス管から漏洩するX線の実態とその対策
大森儀郎.クルックス管から漏洩するX線の実態とその対策
大森儀郎.学校教育における被ばく

井上 創.真空放電管演示実験時の授業者・生徒のX線被ばく量の測定及び防護方法の確立
笠原中庸、池田雅彦.クルックス管による放射線(X線)の性質に関する実験
クルックス管プロジェクト:秋吉 優史 研究教育紹介サイト ホームページ:秋吉 優史、掛布 智久、谷口 和史、高畠 勇二、 宮川 俊晴.クルックス管を用いた放射線教育と放射線安全管理.日本放射線安全管理学会 12月シンポジウム
杉本憲広、林煕崇.クルックス管を利用した簡易なX線透過実験装置
線量測定が示されていますが、その評価法に関する記述が見当たりません。
藤淵 俊王, 井上 創, 小原 哲, 加藤 英幸, 小林 育夫, 細田 正洋.イメージングプレートを用いたクルックス管からの漏洩線量分布測定
PHITSでの計算結果も示されています。

日本保健物理学会・令和 2 年度企画シンポジウム

「教育現場における低エネルギーX 線を対象とした放射線安全管理に関する専門研究会」
概要:令和 3 年度からの中学新学習指導要領の全面実施を前にして、教育現場に於ける放射線安全管理をどのようにして達成するのか、装置運用上の注意点と、スクリーニング手法の確立、スクリーニングで高線量漏洩の恐れがあった場合の評価体制など、ハード、ソフト両面からの着地点を報告する。
座長:橋本 周(JAEA)
1.「背景、測定技術」 秋吉 優史(大阪府大)
2.「実態調査結果、運用上の注意点」 伊藤 照生(国際医療福祉大)
3.「国際的規制状況」 山口 一郎(保健医療科学院)
4.「スクリーニング」 森 千鶴夫(名大名誉教授)

補助情報

JRSMの技術賞を受賞

低エネルギー放射線の測定

放射光を用いた低エネルギー光子に関する研究
成山 展照.低エネルギ-光子に対する線量評価の研究

注意喚起例

クルックス管等の放電実験においても被曝を避ける対策を取る。

製造会社の説明例

放射線防護について言及している例(X線防護ボックスに言及)

関連情報

クルックス管からのX線~被曝の危険~

装置からの漏えい放射線

エックス線装置からの漏洩放射線の測定
測定結果を基に遮へいが改善され、安全が確保されたとのことです。

クルックス管関係の検討の試み例

条件を変えて計算中です(pptxファイル。2018年6月19日更新)。

電子顕微鏡からの漏えい放射線

電子顕微鏡からの放射線漏洩について

理科実験での放射線安全確保

カナダ

SCIENCE SAFETY RESOURCE MANUAL

Most of the radiation hazards in schools are of an insidious nature. All potentially hazardous equipment and materials must be available for use only under the direct supervision of a teacher familiar with the safe use of the item. The onus is on the teacher to be aware of potential dangers and to convey this information to the students. The teacher must instruct students in proper operating and handling procedures and must insist that they be followed.

HIGH SCHOOL SCIENCE SAFETY RESOURCE MANUAL
Recommended safety procedures for the selection and use of demonstration-type gas discharge devices in schools

Radiation Hazards in High School Science Laboratories

For activities involving radioactive sources, use low-intensity sources containing radioisotopes of the elements uranium, thorium, potassium or rubidium. Do not allow the sources to come into direct contact with the skin and, if sources are in powder form, keep them sealed to prevent contact with skin or ingestion. For further information about the handling of radioactive material, contact the Atomic Energy Control Board, Office of Public Information, P.O. Box 1046, Ottawa, Ontario, K1P 5S9.

MEXT

Ensuring the Safety of Radiation and Nuclear Energy

Radiation and nuclear energy are not used only to generate electricity. They are also used for applications such as semi- conductor manufacture and medical irradiation. Ensuring safety is the first premise of research, development, and use of radiation and nuclear energy. Based on the law, MEXT enforces strict safety regulations on the use of research and test reactors, radioactive isotopes, and so on through inspec- tions and examinations of facility designs. It also implements measures against nuclear accidents surveys environmental radiation.

最初の文章は発電以外にも利用されていると述べたいのだと思われます。

鹿児島県小・中学校

鹿児島県小・中学校における放射線教育の現状とその放射線リテラシーに及ぼす教育の効果

専門機関との連携も論じられている

学習指導案の作成に,リスク・マネジメントに携わる大学等の教職員が積極的に参加することも求められよう.

Science in School

Radioactivity in the classroom

Safety notes:

  • Place the radioactive rocks in a plastic box and wear gloves when you handle them.
  • Experiments involving radioactive rocks should be performed in a ventilated room.
  • For the experiments with irradiated seeds, it is enough for the students to wear gloves when they sow the seeds. The irradiation of seeds is carried out in the Physics Department of Lisbon University by technical experts who follow appropriate security.
  • For the Becquerel experiment, gloves must be worn to handle the X-ray dental film when students are developing the film.

STUK

USE OF IONIZING RADIATION IN THE TEACHING OF PHYSICS AND CHEMISTRY

Cold cathode type discharge tubes are liable to generate X-radiation. This X-radiation causes no hazard if the discharge tube voltage does not exceed 5000 volts. No adjustable voltage source with a maximum voltage exceeding 5 kV may therefore be used with a discharge tube unless there is also a voltmeter or some other means of ensuring that the voltage does not exceed 5 kV.
The foregoing discharge tubes include the following:

  • a Crookes tube for demonstrating how cathode rays bend in a magnetic field
  • a Braun tube cathode-ray tubes containing fluorescent material
  • a Maltese cross tube

  • a tube for demonstrating the pressure of cathode rays
  • a tube for demonstrating the thermal effect of cathode rays
  • a canal ray tube.

関係者間での意見交換例

Subject: Re: Crookes Tube (was Re: Demo health hazards)
Subject: Re: Crookes Tube (was Re: Demo health hazards)
クルックス管を用いた実験授業、意義や課題を話し合う(NPO法人放射線教育フォーラム主催:平成29年度第2回勉強会)

注意喚起がなされている例

クルックス管等の放電実験においても被曝を避ける対策を取る。

Antique X-Ray Tube Safety

教育での放射線安全

英国

Education Management Circular No 1.27a: Community Services: Education

Apparatus capable of generating X-rays operating at 5 kilovolts or more (other than a cathode ray oscilloscope, television receiving set or visual display unit, used in the normal way for viewing) must not be used.

ABERDEEN CITY COUNCIL

MANAGEMENT OF RADIOACTIVE SOURCES IN SCHOOLS

カナダ・マニトバ州教育省

Science and Safety: A Kindergarten to Grade 12 Resource Manual for Teachers, Schools, and School Divisions
Protection from Ionizing Radiationで免除レベルについても言及されています(ただしエックス線発生装置に関しては、IAEAのGSR part3(旧BSS)などに従うとの記述が以下の法令内には見当たりません)。
Licensing: Nuclear substances and radiation devices

アイルランド

SAFETY IN SCHOOL SCIENCE

• Schools that have equipment, such as discharge tubes and high voltage rectifier tubes that are capable of emitting X-rays should take note of the following points:
• Equipment, such as discharge tubes, that are not designed for but are capable of emitting X-rays (usually at voltages in excess of 5 kV) must be of a type designed for educational use and must be acquired only from a supplier licensed by the RPII to distribute such equipment. Schools should not acquire or accept donations, however well intended, of equipment designed to generate or capable of emitting X-rays. Wherever possible, hot cathode tubes should be used as discharge tubes.
• Students may only operate equipment capable of emitting X-rays while under the supervision of the science teacher.
• Equipment capable of emitting X-rays should only be operated for short periods.
• The beam of radiation from equipment capable of emitting X-rays must never be pointed towards students or teachers.
• Equipment capable of emitting X-rays must be shielded with lead sheeting. A lead thickness of about 2 mm will provide more than adequate shielding for this type of equipment.
• Equipment capable of emitting X-rays must be electrically isolated when not in use and placed in secure storage.
• Damaged or misplaced equipment capable of emitting X-rays must be reported immediately to the teacher responsible for radiation safety.
• Disused equipment capable of emitting X-rays must be rendered inoperable and may then be disposed of as ordinary waste equipment.
• Records must be kept of each item of equipment capable of emitting ionising radiation that is held by a school. These records must include the date of acquisition, the name and address of the supplier, the equipment type and identification number.
• A record must be kept of the usage of each item of equipment capable of emitting ionising radiation. This record should include the date and time that the equipment was removed from its storage location, the time over which it was used and confirmation that the equipment was immediately returned to storage at the end of its use. The science teacher involved must sign each entry in the record.

アメリカ

SECONDARY SCIENCE SAFETY MANUAL: Red Clay Consolidated School District

APPENDIX A—LIST OF CHEMICALS THAT ARE NOT TO BE USED FOR SCIENCE INSTRUCTION IN RED CLAY
Any radioisotopes

密封線源

オーストラリア

STANDARD OPERATING PROCEDURE: Handling sealed radioactive sources: alpha, beta and gamma

線量限度?

ICRP

ICRP Publication 13: Radiation Protection in Schools for Pupils up to the Age of 18 Years

学校での放射線教育のあり方

東京大学 飯本武志.IAEA中等教育専門家会議 出席報告
理科の授業で放射線を用いることの安全確保に関しては言及が見当たりません。

Exemption

IAEA

Draft safety guide DS499: Application of the concept of Exemption
RS-G-1.7 Application of the Concepts of Exclusion, Exemption and Clearance Safety Guide

EXEMPTION AND CLEARANCE

3.4. The primary radiological basis for establishing values of activity concentration for the exemption of bulk amounts of material and for clearance is that the effective doses to individuals should be of the order of 10 µSv or less in a year. To take account of the occurrence of low probability events leading to higher radiation exposures, an additional criterion was used, namely, the effective doses due to such low probability events should not exceed 1 mSv in a year. In this case, consideration was also given to doses to the skin; an equivalent dose criterion of 50 mSv in a year to the skin was used for this purpose. This approach is consistent with that used in establishing the values for exemption provided in Schedule I of the BSS (see Ref. [1]).

the order of

ICRP Pub 64

放射線の基礎知識

放射線はどこまでまっすぐ飛んでいくのですか?

mfp(平均自由行程)はエネルギーによって異なります。
10 keVの光子の空気中の飛程を示します。
10keVの光子の飛程

20cm離したペンシルビームを40 m先まで追った場合です。

10keVの光子の飛程

50 cmずつ追った結果です。
10keVの光子の飛程

30 keVの光子の空気中の飛程を示します。
30keVの光子の飛程

20cm離したペンシルビームを40 m先まで追った場合です。

30keVの光子の飛程

50cmずつ追った結果です。
10keVの光子の飛程

クルックス管周辺の放射線(30keVの場合)

クルックス管での30keVの電子

拡大

クルックス管での30keVの電子(拡大)

Z軸方向の1cm線量当量

クルックス管周辺では距離を取ることでの線量の低減効果が大きくなります。
クルックス管での30keVの電子(拡大)

xy平面での1cm線量当量

クルックス管での30keVの電子(拡大)

教材開発

日本理科教育振興協会
クルックス管を使った冷陰極の実験

取扱説明書

島津理化

教育効果?

Q.クルックス管を用いた実験の教育効果はなく、その実験での放射線曝露は正当化できないのではないか?

A.クルックス管を用いた実験の教育効果はないのでしょうか?

教育経済学

大阪大学 社会経済研究所 大竹文雄.教育の経済効果と貧困対策
小塩 隆士、妹尾 渉.日本の教育経済学:実証分析の展望と課題
平成20年度 教育改革の推進のための総合的調査研究.教育投資の費用対効果に関する基本的な考え方及び文献の収集・整理報告書

教員の方向けの相談窓口

こころもメンテしよう.こころの相談窓口
NITS 独立行政法人教職員支援機構

後方散乱係数

エネルギーを変化させた場合のシミュレーション計算結果(2Lペットボトルを想定)

クルックス管での2Lペットボトルに対する後方散乱係数

5 keV

5keV

10 keV

5keV

20 keV

5keV

25 keV

5keV

30 keV

5keV

ファントムのサイズを変化させた場合のシミュレーション計算結果(30keVの光子を想定)

ファントムあり

5keV

ファントムなし

5keV
後方散乱係数は、1.29±0.31となり2Lのペットボトルに比べると、この幾何学的条件では、後方散乱の寄与が1.8倍に増加した(後方散乱係数は1.16(3Lペットボトル)から1.29(JISファントム)に増加)。

壁からの散乱の有無によるエネルギースペクトルの違い

壁なし

5keV
十字形から1cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から11cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から51cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から71cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV

壁あり(20cm×20cmの断面積の空間内で放射線を散乱させた)

5keV
十字形から1cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から11cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から51cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV
十字形から71cm下流側での上流から下流への光子のエネルギースペクトル
5keV

線量評価のピットホール

手荷物検査のエックス線量に関して、場の特性に応じた補正がなされていないと考えられる例が散見されています。

衣服の遮へい

クルックス管で用いられるような低エネルギー光子は衣服でどの程度遮へいされますか?

20keVの光子は水1mmに相当する衣服で30%低減されます。

クルックス管と霧箱

高校での霧箱製作ノウハウを中学教諭に―名古屋経済大学市邨高校
『クルックス管で発生するエックス線の飛跡も自作した霧箱で確認した』そうです。

電子の追跡

30keVの光子を入射させた場合の電子の飛跡
クルックス管で発生した光子が入射した空気中での電子の発生

線量限度との比較

被ばくが増えていって最初に超えるのは実効線量でしょうか?

前提(仮定)

・皮膚の等価線量限度を実効線量限度の10倍に設定
・皮膚の等価線量はHp(0.07)などで評価
・実効線量はHp(10)などで評価

方法

空気カーマからのそれぞれの線量当量換算係数の比(Hp(0.07)/Hp(10))を比較

Hp(0.07)/H*(10)の比較

結果

・10 keVの光子:120倍
・15 keVの光子:4倍 ←『15keVでは皮膚と実効では1/4ですが』
・20 keVの光子:2倍 ←『20keVあると約半分になります』

考察

・10 keVの光子だと皮膚の等価線量限度が律速
・20keVの光子だと実効線量が律速

結論

前提や比較の条件(ここでは吟味していないですが…(例えば皮膚の吸収線量は姿勢に大きく依存します。線源近くに手を近づけると、手指の局所の皮膚の吸収線量と実効線量の乖離が大きくなります))に結果が依存する。

理科教育の歴史

教育用X線装置

Radiation Safety in the Use of Sources in Research and Education

RASSC 49 – November 2020
DS470 (RASSC, WASSC, TRANSSC, NSGC and EPReSC) Radiation Safety in the Use of Sources in Research and Education. Deadline for comments 19 Oct2020
Document Preparation Profile DS470

41st Meeting of the Commission on Safety Standards

公益財団法人原子力安全研究協会 平成30年3月 平成29年度原子力規制庁委託成果報告書 国際放射線防護調査
石森有, 立川博一. 放射線安全に係るIAEA安全基準の策定の動向. 保健物理. 2014;49:104–13.

教育を受ける対象者の線量限度(IAEA GSG-7)

職業被ばくのカテゴリとなっています。

3.39. In accordance with para. III.2 of GSR Part 3 [2]:

“For occupational exposure of apprentices of 16 to 18 years of age who are being trained for employment involving radiation and for exposure of students of age 16 to 18 who use sources in the course of their studies, the dose limits are:
(a) An effective dose of 6 mSv in a year;
(b) An equivalent dose to the lens of the eye of 20 mSv in a year;
(c) An equivalent dose to the extremities (hands and feet) or to the skin67 of 150 mSv in a year.

関係機関

全国中学校理科教育研究会
日本理科教育学会

放射線教育関係の質問主意書

放射線教育に関する質問主意書
放射線に関する副読本に関する質問主意書
野生動植物への放射線影響調査に関する質問主意書

公衆での眼の水晶体の線量限度

GSR Part 3

III.3. For public exposure, the dose limits are:

(a) An effective dose of 1 mSv in a year;
(b) In special circumstances68, a higher value of effective dose in a single year
could apply, provided that the average effective dose over five consecutive
years does not exceed 1 mSv per year;
(c) An equivalent dose to the lens of the eye of 15 mSv in a year;
(d) An equivalent dose to the skin of 50 mSv in a year.

計画被ばく状況で用いる線量拘束値

GSR Part 3

A prospective and source related value of individual dose (dose constraint) or of individual risk (risk constraint) that is used in planned exposure situations as a parameter for the optimization of protection and safety for the source, and that serves as a boundary in defining the range of options in optimization.

For public exposure, the dose constraint is a source related value established or approved by the government or the regulatory body, with account taken of the doses from planned operations of all sources under control.

The dose constraint for each particular source is intended, among other things, to ensure that the sum of doses from planned operations for all sources under control remains within the dose limit.

The risk constraint is a source related value that provides a basic level of protection for the individuals most at risk from a source. This risk is a function of the probability of an unintended event causing a dose and the probability of the detriment due to such a dose. Risk constraints correspond to dose constraints but apply to potential exposure.

規制の免除

GSR Part 3

Schedule I EXEMPTION AND CLEARANCE

I.2. A practice or a source within a practice may be exempted without further consideration from some or all of the requirements of these Standards under the terms of para. I.1(a) provided that under all reasonably foreseeable circumstances the effective dose expected to be incurred by any individual (normally evaluated on the basis of a safety assessment) owing to the exempt practice or the exempt
source within the practice is of the order of 10 μSv or less in a year. To take into account low probability scenarios, a different criterion could be used, namely that the effective dose expected to be incurred by any individual for such low probability scenarios does not exceed 1 mSv in a year.

(c) Radiation generators of a type approved by the regulatory body, or in the form of an electronic tube, such as a cathode ray tube for the display of visual images, provided that:
(i) They do not in normal operating conditions cause an ambient dose equivalent rate or a directional dose equivalent rate, as appropriate, exceeding 1 μSv/h at a distance of 0.1 m from any accessible surface of the equipment; or
(ii) The maximum energy of the radiation generated is no greater than 5 keV.

an ambient dose equivalent rate or a directional dose equivalent rateの深さは?

10 mm(周辺線量当量)と0.07 mm(方向性線量当量)がそれぞれ想定されているとのことです。

台湾でのルールは?

規制上は、GSR part3と同様の記述となっています。解釈がどのようになっているかは確認中です。

マレーシアでのルールは?

規制の状況

国内で規制免除レベルの導入を求める意見例

山田 隆博, 高田 茂, 鈴木 隆司.管電圧5kV以下のX線を用いた坪量計の最適計測条件の検討
山田隆博、鈴木隆司.低エネルギーX線を用いた坪量計の開発

規制の適用が免除される放射線発生源例

テープを剥がすとエックス線が発生する?

放射性同位元素等の規制に関する法律施行令

放射線発生装置

第二条 法第二条第四項に規定する政令で定める放射線発生装置は、次に掲げる装置(その表面から十センチメートル離れた位置における最大線量当量率が原子力規制委員会が定める線量当量率以下であるものを除く。)とする。
一 サイクロトロン
二 シンクロトロン
三 シンクロサイクロトロン
四 直線加速装置
五 ベータトロン
六 ファン・デ・グラーフ型加速装置
七 コッククロフト・ワルトン型加速装置
八 その他荷電粒子を加速することにより放射線を発生させる装置で、放射線障害の防止のため必要と認めて原子力規制委員会が指定するもの

放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(平成十二年科学技術庁告示第五号)

放射線発生装置に係る線量当量率

第二条 令第二条各号列記以外の部分に規定する線量当量率は、一センチメートル線量当量率について六百ナノシーベルト毎時とする。

放射線審議会基本部会報告書「規制免除について」

我が国においては、労働安全衛生法、医療法及び薬事法等で、定格管電圧が10kV以上のエックス線装置を規制対象としている。
労働安全衛生法では、10kV以上のエックス線装置を特定X線装置として、厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備すべき機械等としています(政令第13条)。

冷陰極X線管

小型軽量な非破壊検査用パルスX線源を開発

電離則

(放射線装置室)

第十五条 事業者は、次の装置又は機器(以下「放射線装置」という。)を設置するときは、専用の室(以下「放射線装置室」という。)を設け、その室内に設置しなければならない。ただし、その外側における外部放射線による一センチメートル線量当量率が二十マイクロシーベルト毎時を超えないように遮へいされた構造の放射線装置を設置する場合又は放射線装置を随時移動させて使用しなければならない場合その他放射線装置を放射線装置室内に設置することが、著しく、使用の目的を妨げ、若しくは作業の性質上困難である場合には、この限りでない。
一 エックス線装置
二 荷電粒子を加速する装置
三 エックス線管若しくはケノトロンのガス抜き又はエックス線の発生を伴うこれらの検査を行う装置
四 放射性物質を装備している機器

(標識の掲示)

第十四条 事業者は、次の表の上欄に掲げる装置又は機器については、その区分に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる事項を明記した標識を当該装置若しくは機器又はそれらの付近の見やすい場所に掲げなければならない。

装置又は機器 掲示事項
サイクロトロン、ベータトロンその他の荷電粒子を加速する装置(以下「荷電粒子を加速する装置」という。) 装置の種類、放射線の種類及び最大エネルギー
放射性物質を装備している機器(次の項に掲げるものを除く。) 機器の種類、装備している放射性物質に含まれた放射性同位元素の種類及び数量(単位ベクレル)、当該放射性物質を装備した年月日並びに所有者の氏名又は名称
放射性物質を装備している機器のうち放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(昭和三十二年法律第百六十七号)第十二条の五第二項に規定する表示付認証機器又は同条第三項に規定する表示付特定認証機器(これらの機器に使用する放射線源を交換し、又は洗浄するものを除く。) 機器の種類並びに装備している放射性物質に含まれた放射性同位元素の種類及び数量(単位ベクレル)

(放射線装置室)

第十五条 事業者は、次の装置又は機器(以下「放射線装置」という。)を設置するときは、専用の室(以下「放射線装置室」という。)を設け、その室内に設置しなければならない。ただし、その外側における外部放射線による一センチメートル線量当量率が二十マイクロシーベルト毎時を超えないように遮へいされた構造の放射線装置を設置する場合又は放射線装置を随時移動させて使用しなければならない場合その他放射線装置を放射線装置室内に設置することが、著しく、使用の目的を妨げ、若しくは作業の性質上困難である場合には、この限りでない。
一 エックス線装置
二 荷電粒子を加速する装置
三 エックス線管若しくはケノトロンのガス抜き又はエックス線の発生を伴うこれらの検査を行う装置
四 放射性物質を装備している機器
2 事業者は、放射線装置室の入口に、その旨を明記した標識を掲げなければならない。

(立入禁止)

第十八条 事業者は、第十五条第一項ただし書の規定により、工業用等のエックス線装置又は放射性物質を装備している機器を放射線装置室以外の場所で使用するときは、そのエックス線管の焦点又は放射線源及び被照射体から五メートル以内の場所(外部放射線による実効線量が一週間につき一ミリシーベルト以下の場所を除く。)に、労働者を立ち入らせてはならない。ただし、放射性物質を装備している機器の線源容器内に放射線源が確実に収納され、かつ、シャッターを有する線源容器にあつては当該シャッターが閉鎖されている場合において、線源容器から放射線源を取り出すための準備作業、線源容器の点検作業その他必要な作業を行うために立ち入るときは、この限りでない。

学校での放射線リスク教育

学校での放射線リスク教育ガイドブックー第二版ー Guidebook for radiation risk education at school

軟X線の標準

シンクロトロン放射光を用いた単色軟X線の計測技術の研究

希薄気体充填型多段型イオンチェンバーと極低温放射計を相互比較し、 放射光単色軟X線(0.1-10keV)の強度の絶対計測を行いました。

ご自身で受けた線量が心配?

高い線量を受けたかどうかは、電子スピン共鳴測定法でも調べることができます。

労働者防護

Shengli Niu. Radiation protection of workers(April 2011). SafeWork Information Note Series

教育用の中性子発生装置

永松知洋、花房直志、寺東宏明.教育用慣性静電閉込核融合(IECF)装置の試作

中学校理科教員向け

「放射線外部被ばく防護三原則の実験指導」に関する教 材開発と評価 : 中学校理科教員を対象に

学生実習と医行為

厚生労働省

医学教育における臨床実習の在り方について、「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究」を取りまとめました。
臨床検査技師学校養成所カリキュラム等改善検討会

一般社団法人 全国医学部長病院長会議

診療参加型臨床実習のための医学生の医行為水準策定

弱透過性放射線

加藤 朗, ICRU 47「体外光子及び電子放射線による線量当量測定」の紹介, 保健物理, 1993, 28 巻, 2 号, p. 219-227
多田 順一郎.線量