遠隔操作による従事者の被ばく低減

新しい装置の開発が試みられています。