扉の隙間からの放射線の漏れ

医療安全上、扉に沓摺を設けない方がよいことがあります。放射線防護上はどうでしょうか?

放射線遮へい体の利用で線量が増加する?

比較的高いエネルギーでは薄い遮へい体に放射線が入射すると弾き飛ばされた電子が遮へい体の内側に効率よくエネルギーを与えます。

CT冠動脈造影(CTCA)で受ける線量と放射線のリスク

線量は、スキャン・プロトコールなどに依存する。
最適化のためには関係者の関与が必要。

X線室の中で放射線はどこから飛んでくるのですか?

ほとんどが患者さんからの散乱線です。

記録する放射能はどの時点?

扱う際の放射能を考えましょう。

線源を埋め込んだ患者さんが仕事に復帰するとき

今日のセミナーでは、線源を埋め込んだ患者さんが仕事に復帰するときの問題を考えてみようと思います。

医療機関で放射線を扱うことのリスクは大きいですか?

診療放射線技師の放射線リスクは線量の低減とともに小さくなっていますが、IVRを行う臨床医が受ける線量は比較的高くなりうるので、放射線防護が重要です。

放射線宿酔は何故おきるのですか?

今でも研究が進められています。

密封線源の線源セキュリティ

減衰を考慮できるが、線源交換時に再度許可の申請が必要になる。
また、規制下限数量を下回る減衰補正は出来ない。

エネルギーが10MeVを超える医療用リニアック施設の遮へい設計上の留意

壁の中での重い元素での光核反応を考慮する必要があるかもしれない。
Is it necessary to consider photo-nuclear reactions at iron shield in walls for medical accelerator?

ランダム
表示です
contents