歯科でX線検査を何度も受けています。大丈夫ですか?

パノラマ撮影であっても照射範囲は小さく発がんリスクを考える実効線量は胸部X線検査の半分と小さいです。

放射線治療の質は大丈夫ですか?

事故の原因が詳しく調べられ、その対策が講じられています。
さらに構造的な課題への改善の取り組みが進められています。

妊娠と気付かずにX線CT検査を受けました。胎児に影響はありますか?

胎児の線量は小さく心配ありません

広汎性発達障害と放射線感受性

これまでの研究では自閉症の方の放射線感受性が高いという知見は得られていません。

体に取り込む放射性物質は危険?

リスクは、種類と量によります

ERCPで受ける線量

様々な手技での診断参考レベルの策定が進められています。

歯科検査での甲状腺の線量とリスク

150回検査を繰り返してもリスクは限定的

造影剤を投与された後に授乳させてもよいですか?

添付文書に記述されていますが、それとは独立に学会がリスク評価をしています。

ヨード123標識MIBGによる線量評価での子孫核種の考慮の必要性

I-123は壊変するとTe-123になりますが、Te-123は実質的には安定同位体と見なせます。
I-123がTe-123に壊変する際に、半減期が119.25日のTe-123mを介することはありませんのは、0.0044%です。

小児と放射線(頭部のX線CT検査を繰り返し受けた)

再び、お母さん、自分を責めないで。

ランダム
表示です
contents