防護板の線量低減効果

設置する場所で防護効果が大きく異なります。

ハイブリッドERと放射線防護

優れたシステムの開発で放射線防護にも配慮されています。

放射性物質の異所性の集積

投与した放射性物質が意図せず目的外の組織に集積することがありますか?

放射線治療後の二次がんへの対応

そのリスクとも向き合った研究が進められています。

心・脳血管での組織反応の防護

局所に集中的に曝露する場合の制御が課題となっています。

がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線の標準

国家標準が確立しています。

放射性医薬品の供給

安定供給への取り組み

ヨード123標識MIBGによる線量評価での子孫核種の考慮の必要性

I-123は壊変するとTe-123になりますが、Te-123は実質的には安定同位体と見なせます。
I-123がTe-123に壊変する際に、半減期が119.25日のTe-123mを介することはありませんのは、0.0044%です。

Ra-223の代謝

INDES4.1での計算結果です。

放射線照射による機器への影響

放射線はヒト以外にも影響を与えます。

目次
contents