ハイブリッドERと放射線防護

優れたシステムの開発で放射線防護にも配慮されています。

ハイブリッドERとは?

HERS研究会

『2011年に救急領域では世界で初めて、大阪急性期・総合医療センターの初療室にIVR-CTが導入されました。これにより患者の移動なしに初期治療、CT検査、動脈塞栓術、ダメージコントロール手術が可能となり、診断と治療という2つのプロセスが1箇所で行える初療室という意味から、ハイブリッド ERと呼ばれています。』

有用性の検証

The Survival Benefit of a Novel Trauma Workflow that Includes Immediate Whole-body Computed Tomography, Surgery, and Interventional Radiology, All in One Trauma Resuscitation Room: A Retrospective Historical Control Study.

従事者の防護

救急分野での労働者間の配慮例

『先生方は私が放射線被曝しないようにとCTを代わって下さったり』

業務の手順を見直した例

『救急救命士の研修対応としての放射線防護策の検討を行うことで放射線防護への関心が高まり、看護職からの提案に基づきエックスン線診療室内での待機を取りやめ室外に退避なさることになったそうです。

行政への手続

平成29年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究」(H28-医療-一般-014)(研究代表者:細野 眞)分担研究報告書「医療放射線防護の国内実態に関する研究」

記事作成日:2019/02/23 最終更新日: 2019/03/05