術後の放射線検査

新しい装置では線量低減機構が充実し、より線量が低減されることもあります。

妊娠しているときの放射線検査は安全なの?

胎児へのリスクが小さくなるように医療機関では配慮した放射線診療が行われています。

ERCPで受ける線量

様々な手技での診断参考レベルの策定が進められています。

ガンマナイフでの治療後に子供と接触してもよいですか?

ガンマナイフにより治療を受けても患者さんは線源にはなりません。

小児と放射線

お母さん、自分を責めないで。

放射線治療の質は大丈夫ですか?

事故の原因が詳しく調べられ、その対策が講じられています。
さらに構造的な課題への改善の取り組みが進められています。

検査を繰り返しても大丈夫?

これまでの検査は無駄ではなく意味があったのではないでしょうか。

ガンマナイフ後のMRI検査

強力な磁場を使うMRIでは検査中に磁場の影響による症状が見られることがありますが、放射線障害は引き起こしません。

甲状腺機能亢進症で放射性ヨウ素を投与された方へ

国際原子力機関のSafety Reports Series No.63のFAQの紹介です。

黒い雨など原爆の周辺地域での影響は?

同一の成因によるキノコ雲(多くが落下途中に蒸発)と積乱雲が発生したと考えられています。他に火災積乱雲による雨があります。降下物による内部被ばくも含めて評価されています。

ランダム
表示です
contents