2歳の息子が頭部CT検査を受けました。将来なにか問題は起こらないでしょうか?

受ける線量が小さいことから発がんリスクも十分に小さいと考えられます。

ご心配にはおよびません。
頭部CT検査は胸部X線検査よりも線量は大きいですが、それでも年間に自然に受ける程度に過ぎません。
お子さんの検査には何らかの意義があったことを思い起こしてください。
医師は検査のメリットとデメリットを比較しメリットが大きいときしか検査は行いません。
また特に小児の検査ではできるだけ少ない線量で検査するように特別な条件を用いています。

Identification of children at very low risk of clinically-important brain injuries after head trauma: a prospective cohort study.
宮嵜 治.CT被ばく 正当化と最適化

医療での放射線利用の正当化に関する議論例

International Conference on Radiation Protection in Medicine: Achieving Change in Practice11–15 December 2017, Vienna, Austria

記事作成日:2009/11/09 最終更新日: 2020/09/27