制動放射の硬化の評価

まだまだデータの整備が必要なのかもしれない。

Q.Sr-89やY-90を使用する施設の制動放射の評価で、複合遮蔽を用いている場合のエネルギースペクトルの硬化の影響はどのように評価するのがよいですか?
A.信頼できる計算コードを使って(できればベンチマーク計算結果も添付するとよいでしょう)、しゃへい体の条件を合わせてモンテカルロ計算するのがもっとも合理的です。
複合遮蔽内の最も密度の低いしゃへい体で厚みを代表させ、「しゃへい計算実務マニュアル」のデータを使う(表6.5.2)のは簡易な安全側評価となります(「医療放射線管理の実践マニュアル」でも極端に厚いしゃへい体では「しゃへい計算実務マニュアル」の最大厚の値を使うという考え方が示されています(P.108))。
より安全側には最大エネルギーと等しい単色光子と見なすことも考えられますが、上の方法を用いればよいでしょう。

類似した現象としてI-123のような螢光X線の寄与が大きい線源では、遮へい体の透過割合を測定すると、螢光X線を除いて安全側評価している計算値と差異が生じることがあります。また、このような線源では、遮へい体の有無で放射線の線質が大きく異なるので、低エネルギーの放射線をカットするような検出器では、測定結果が螢光X線を除いて安全側評価している計算値と同じになりますが、低エネルギーの放射線もきちんと計測する場合には、螢光X線を除いて安全側評価している計算値よりも透過率が低くなります。

記事作成日:2010/01/19 最終更新日: 2010/10/07

妊娠中にRIの静注業務を行っていました

空気カーマと空気吸収線量ってどう違うの?

放射線遮へい体の利用で線量が増加する?

核医学検査を受けた患者の病棟でのケア

X線の線質を調べるにはどうすればよいですか?

放射線でどうしてがんになるのですか?

放射性医薬品に含まれる不純核種の遮へい

核医学検査で受ける放射線の量はどうやって推計するのですか?

センチネル・リンパ節周囲の線量

制動放射の硬化の評価

新型コロナウィルスの感染症と放射線診療

造影検査で骨髄にはどの程度線量を与えていますか?

IVRでの発がんリスク

密封線源の線源セキュリティ

アブレーションの胎児の線量

アメリカでは40歳代のマンモグラフィが推奨されないってどういうこと?

線源を埋め込んだ患者さんが仕事に復帰するとき

ポータブルX線検査の防護はどうすればよいですか?

Newly developed handmade apparatus for lower limb angiography

子供は放射線感受性が高いのでX線の画質を低下させるべきでしょうか?

半減期が長い放射性核種は危険ですか?

放射線宿酔は何故おきるのですか?

検査の間隔を空けると放射線リスクは減りますか?

ICUに鉛ガラスは必要?

患者さんのスリッパからの放射能汚染拡大は問題ですか?

放射性医薬品投与後は減衰を待って帰宅した方がよいのでしょうか?

扉の隙間からの放射線の漏れ

歯科X線検査では甲状腺防護カラーは必要ですか?

研究班が提案するわが国の診断参考レベル

放射線でできる二重鎖切断はどうなるのでしょうか?

診断参考レベルの意義は何ですか?

放射線ってコワイ?

学生実習での放射線防護

放射線の精子や卵子への影響

歯科医院で放射線防護は必要なの?

災害時の放射線医療機器や放射線源の安全管理

科学的根拠をもとにした健康保険適用に関する判断分析の是非をめぐって

放射線の単位をわかりやすく教えて欲しい

白金製のコイルを充填した脳動脈瘤へのガンマナイフ

古い装置で製造販売会社がなくなった場合に保守点検はどうするのがよいですか?

治療用加速器施設の遮へい計算の理解のために

米国では画像検査が放射線曝露源として主要

静磁場の生体影響

X線CT検査によるDNA2本鎖切断はどの程度修復される?

医療機関で放射線を扱うことのリスクは大きいですか?

サブマージョンとは何ですか?

記録する放射能はどの時点?

検出限界って何ですか?

エックス線診療室を訪れる人々(やや古い設定です)

線量の種類は色々あるのですか?

小児股関節撮影で生殖腺防護は必要ですか?

X線室の中で放射線はどこから飛んでくるのですか?

NICUの医師や看護師が受ける線量

心・脳血管での組織反応の防護

エネルギーが10MeVを超える医療用リニアック施設の遮へい設計上の留意

時定数って何ですか?

IVRのガイダンスレベルを教えて下さい。

放射線で傷ついたDNAは治るのですか?

歯科での防護衣の使用

CT冠動脈造影(CTCA)で受ける線量と放射線のリスク

サイクロトロン建屋の壁はどの程度放射化するのですか?

歯科衛生士と放射線防護