半減期が長い放射性核種は危険ですか?

受ける放射線の量は半減期だけでは決まらない。

原発事故後の現存被ばく状況での放射線防護のカテゴリーの記事は、保健福祉職員向け原子力災害後の放射線学習サイトに移行中です。

放射性物質と言えば半減期だな。
時間がたつと減ってしまうけど、ウランは半減期が長くてなかなかなくならないから危険というイメージがある。

学校で過渡平衡を学ぶと子孫核種がどんどん増えてしまうと心配してしまう学生もおるようじゃ。

放射性廃棄物の話で混乱するところですね。

どれだけ増えるかは連立微分方程式を解けば簡単にわかるから [1]、得体の知れないお話しということではない。

でも半減期の長い核種は危険だから、なるべく医療でも短い半減期のものを使おうとしているのじゃないの?

目的に応じて使い分けておる。
ある程度長い期間かけて照射した方がよい場合は比較的長い半減期のものも使われておる。
何でも最適化が大切じゃ。

半減期が長いとなかなか放射能がなくならないから危険じゃないの?

放射性核種の数が同じだとすると、半減期が長い核種は、それぞれの原子核が放射性崩壊するまでの時間が長いことを意味する。
だから、すごく半減期が長い核種だと我々が生きている間には崩壊しないから放射線が飛んでこないということになる。

でも未来の人類に影響を与えそうだ。

それは受ける線量によるお話になる。
また、極端に半減期が長いものとして、Bi-209を考えると半減期は1.9×1019年なので、量が少なければ、ヒトの寿命を考えると生存期間中には崩壊しないと考えられるので、安定同位体とも考えられる。

逆に半減期が短いとすぐになくなるから危険性が小さい気がするけど、半減期が短い核種は集中して放射線を出すので危ないかもと思ってしまう。

放射性核種の数が同じだとすると、半減期が短い核種は、それぞれの原子核が放射性崩壊するまでの時間が短いことを意味する。
だから、すごく半減期が短い核種だと、その核種のそばいる時間に、その核種が崩壊する確率が高いということになる。

結局、半減期だけじゃなくて、それがどの程度あるか(曝露時間中の総壊変数)ということが重要なんだね。

医療で使うTc-99mは核異性体でTc-99という半減期が長い核種になるが、それによる人体への線量は小さい[2]
もちろん、Tc-99mに汚染されたものを廃棄する場合の安全評価では、Tc-99のこともきちんと考慮されておる

何でも総合的に考えると言うことだね。

[1]
-dN1/dt=λ1N1
-dN2/dt=λ2N21N1

-dN2/dt=λ2N21N1,0e1t

両辺にe2tをかけると、

e2t×dN2/dt+e2t×λ2N21N1,0e1t×e2t
d(eλ2t×N2)/dt=λ1N1,0e21)t
eλ2t×N21N1,0∫e21)tdt+C
λ2t×N21N1,01/(λ21)e21)t+C’

N21/(λ21)×N1,0×e1t+C’e2t

t=0のときN2=N2,0とすると、
N2,01/(λ21)×N1,0+C’
∴C’=N2,01/(λ21)N1,0
N21/(λ21)×N1,0e1t+(N2,01/(λ21)×N1,0)e2t
N21/(λ21)×N1,0(e1t-e2t)+N2,0e2t

[2]
Tc-99mの半減期が6.01時間であるのに対して、Tc-99の半減期は2.11×105年です。
このため、放射性物質の量としては8桁、Tc-99の方が小さくなります。
例えば、2016年度のアイソトープ流通統計によるとTc-99mの日本での流通量はMo-99/Tc-99mが76,127 GBqでTc-99mが298,780 GBqとなっています。Mo-99の6倍量のTc-99mが採取可能だとすると使用量は755 TBqとなります。これらのTc-99mが壊変してできるTc-99の量は2.5 MBqとなります。

医療用放射性核種の半減期

核種 半減期
C-11
20.39分
N-13
9.965分
O-15
2.037分
F-18
109.8分
P-32
14.26日
Co-60
5.271年
Ga-67
3.261日
Kr-85m
1.83時間
Sr-89
50.53日
Y-90
64.1時間
Tc-99m
6.01時間
In-111
2.805日
I-123
13.27時間
I-125
59.41日
I-131
8.021日
Cs-137
30.07年

P-32の半減期が誤っていたので修正しました。
ご指摘ありがとうございました。

FAQ

Pu-239の半減期は2万年程度であるはずなのに、核実験が行われていた頃に比べて、1/1.000に減ったというのは、話が合わないのではないですか?

1/1,000に減ったという説明は、環境での存在量の議論ではなく、年間などの降下量の推移を説明しているものと思われます。
疑問を呈している例

南先生からのご指摘

○南委員  ちょっと話は異なるかもしれませんけれども、医療では短半減期核種を非常に多用されていて、非常に結構なんですが、一つだけちょっと、これから本格的に動き始める再処理との関連で、再処理ではやはりモリブデン系統、要するにテクネチウム99が出る。医療でも、モリブデン、テクネ99mを利用して、mは6時間の半減期なんですけれども、それが崩壊した後テクネの99になって、これが非常に長半減期なんですね。2×105 年ぐらいあったと思うんですが、これがちょっと環境へ出ていっている。それのレベルの調査が今は非常にないんです。コンマ3ミリオンぐらいのβ線放出核種で、調査が非常に難しい。化学分析を伴わないとできないということで、余り研究報告がないので、これから再処理との関連で、現状の水準を把握しておかないと、ちょっとまた難しいことが出てくるんじゃないかなと思って、ちょっと心配なので、コメントいたします。どうも。

出典

原子力安全委員会 第6回放射線障害防止基本専門部会

関連情報

再処理施設からの放射線(能) (09-01-02-06)

記事作成日:2010/04/08 最終更新日: 2017/07/21

扉の隙間からの放射線の漏れ

線源を埋め込んだ患者さんが仕事に復帰するとき

センチネル・リンパ節周囲の線量

災害時の放射線医療機器の安全管理

小児股関節撮影で生殖腺防護は必要ですか?

学生実習での放射線防護

白金製のコイルを充填した脳動脈瘤へのガンマナイフ

歯科医院で放射線防護は必要なの?

CT冠動脈造影(CTCA)で受ける線量と放射線のリスク

サイクロトロン建屋の壁はどの程度放射化するのですか?

X線の線質を調べるにはどうすればよいですか?

子供は放射線感受性が高いのでX線の画質を低下させるべきでしょうか?

X線室の中で放射線はどこから飛んでくるのですか?

研究班が提案するわが国の診断参考レベル

放射性医薬品投与後は減衰を待って帰宅した方がよいのでしょうか?

ポータブルX線検査の防護はどうすればよいですか?

医療機関で放射線を扱うことのリスクは大きいですか?

放射性医薬品に含まれる不純核種の遮へい

半減期が長い放射性核種は危険ですか?

検査の間隔を空けると放射線リスクは減りますか?

静磁場の生体影響

診断参考レベルの意義は何ですか?

エネルギーが10MeVを超える医療用リニアック施設の遮へい設計上の留意

核医学検査で受ける放射線の量はどうやって推計するのですか?

サブマージョンとは何ですか?

核医学検査を受けた患者の病棟でのケア

古い装置で製造販売会社がなくなった場合に保守点検はどうするのがよいですか?

アブレーションの胎児の線量

IVRでの発がんリスク

放射線ってコワイ?

空気カーマと空気吸収線量ってどう違うの?

IVRのガイダンスレベルを教えて下さい。

エックス線診療室を訪れる人々(やや古い設定です)

時定数って何ですか?

線量の種類は色々あるのですか?

NICUの医師や看護師が受ける線量

アメリカでは40歳代のマンモグラフィが推奨されないってどういうこと?

検出限界って何ですか?

治療用加速器施設の遮へい計算の理解のために

歯科X線検査では甲状腺防護カラーは必要ですか?

歯科での防護衣の使用

患者さんのスリッパからの放射能汚染拡大は問題ですか?

妊娠中にRIの静注業務を行っていました

放射線の精子や卵子への影響

科学的根拠をもとにした健康保険適用に関する判断分析の是非をめぐって

米国では画像検査が放射線曝露源として主要なものとなっている

制動放射の硬化の評価

密封線源の線源セキュリティ

X線CT検査によるDNA2本鎖切断はどの程度修復される?

放射線で傷ついたDNAは治るのですか?

放射線の単位をわかりやすく教えて欲しい

記録する放射能はどの時点?

ICUに鉛ガラスは必要?

放射線でできる二重鎖切断はどうなるのでしょうか?

放射線でどうしてがんになるのですか?

造影検査で骨髄にはどの程度線量を与えていますか?