心・脳血管での組織反応の防護

局所に集中的に曝露する場合の制御が課題となっています。

ICRP Pub.118表4.5で、心・脳血管に対するしきい線量が提示され、その対象組織は心臓・頸動脈とされています。

検査で受ける線量

一般成人の場合の検査の種類別の臓器線量の例です。

技師会の出版物での核医学関係のデータの掲載例

頸動脈(等)の血管壁細胞への線量例

Radiation-Induced Carotid Artery Stenosis: A Comprehensive Review of the Literature
Patient radiation exposure during carotid artery stenting.
Incidence and risk factors of significant carotid artery stenosis in asymptomatic survivors of head and neck cancer after radiotherapy
Accelerated carotid artery disease after high-dose head and neck radiotherapy: Is there a role for routine carotid duplex surveillance?
Patients’ Radiation Doses During the Implantation of Stents in Carotid, Renal, Iliac, Femoral and Popliteal Arteries
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0110389

いずれにしても局所に集中的に曝露する場合の制御が課題となると考えられます。

記事作成日:2018/02/25