Ⅵ.医療従事者の線量

医療従事者が受ける線量は原子力発電所の作業者よりも少ない?

問題

医療従事者が受ける線量は原子力発電所の作業者よりも少ない?

1.原子力発電所の作業者の線量の方が大きい
2.医療従事者の線量の方が大きい

解答

2.医療従事者の線量の方が大きい

平成20年度に原子力発電所の作業者72,560人中、20 mSvを超えた方はお一人でした。

医療従事者では、平成27年度に343,595人中247人の方が、20 mSv/yを超えていました。
医療従事者の線量

これらの中には測定の誤りが含まれている可能性がありますが、20 mSvを超えた線量の人の割合は、医療従事者の方が高くなっています。

IAEA

X線透視における従事者防護の要点:10
« 前の問題に戻る | 次の問題に進む

記事作成日:2010/05/13 最終更新日: 2017/11/14