用語 さ/S

サブマージョン
submersion

放射性希ガスのうち体内に取り込まれがたい核種が人の周囲にある場合には、その核種の吸入により身体組織に放射性物質が集積することに起因した線量よりも、体外又は肺の中の放射性気体からの線量の方がはるかに大きくなります。何故なら、希ガスは、体内摂取が少ないために内部被曝しないしにくいからです。このような核種を「サブマージョン」とよびます。

体に取り込まれにくい場合の想定

希ガスとは?

   
母親 「希ガス」って何ですか?
エミ 昔は、空気中から取り出すのが難しかったみたい
母親 希だと思われていたのですね

少しは体に取り込まれるのでは?

   
母親 少しは体に取り込まれるのではないかしら…
アオイ 程度の問題ですね
エミ 血液に溶けた後に、それが細胞内に化合物として取り込まれるかどうかも効いてきそう
母親 少しは体に取り込まれるのではないかしら…
エミ ラドンは空気中で壊変して生成された子孫核種がエアロゾルに付着し、それが呼吸気道の表面の細胞に付着し周囲にエネルギーを与えるのでサブマージョン扱いではないのですね
母親 定義によりそう…
エミ ある期間の平均単位濃度あたりの外部被ばくと単位摂取量あたりの内部被ばくの比は、半減期や放射線の種類によるので、半減期の違いが告示別表のC-10とC-11の扱いの違いに表れているのだと思う
母親 Rn-222はγ線の放出比が小さいですし、系列でのγ線の放出が限定的であるのも、サブマージョンとして扱わないことの理由だと思う

参考資料等

考慮されている曝露要素

  1. 体外のサブマージョン核種から放出されるエックス線及びガンマ線による各組織の被ばく
  2. 体外のサブマージョン核種から放出されるベータ線による皮膚の被ばく
  3. 体外のサブマージョン核種から放出されるベータ線が空気中で減速される際に放出される制動エックス線による各組織の被ばく
  4. 肺中の放射性核種から放出される放射線による肺及び ET 領域の被ばく

文献

ICRP2007年勧告の組織加重係数等に基づく内部被ばく線量係数、濃度限度等の試算

モニタリング

原子力機構高崎放射性核種観測所における希ガス観測─CTBTOによる認証─

希ガスの由来

米沢 仲四郎.放射性キセノンの測定 ─その意義と課題─
米沢 仲四郎.CTBT 検証制度における放射性希ガスの探知と意義
これまで、原子炉については詳しく研究されてきたが、医療用 99Mo製造施設やその他の放出源についても詳しく研究し、それらの RX(Radioactive Xenon) 特性を明らかにしておく必要がある。
しかし、時々パルス状の 133Xe の計数が観測されている。このパルス状の 133Xe の計数が何によるものかは今のところ分からない。
包括的核実験禁止条約 (CTBT) 放射性核種観測網による福島原発事故の放射能観測
従来、我が国では原子力発電所が133Xeの最大放出源と考えられてきた。しかし、福島原発事故後、原子力発電所が全く稼働していないにも関わらず、133Xeレベルに変化がないことから、原子力発電所の影響は小さいことが明らかになった。今後、133Xeの発生源を解明して、核実験の検知精度を向上させなければならない。
「CTBT Science and Technology 2013」参加報告
放射性核種に関しては、医療施設や原子力発電所等からの放射性キセノンの放出が世界の放射性キセノンバックグラウンドに影響を与えていると考えられているが、それぞれの放出量は1日あたり医療施設が109から1013ベクレル、原子力発電所が109ベクレル程度と推定され、特に医療施設からの放出に関する調査が非常に重要であること、今後もこれに関する医療及び産業活動により生成された同位体の痕跡に関するワークショップ(WOSMIP)等を通して調査を継続していくこと等の話があった。


空白セル

おすすめ

保健師の方向け

 医師の方向け

新着情報

廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
林野火災と放射性物質の飛散
放射線を感じることができる?
内部被ばくの低減策
水道水中の放射性ヨウ素
食品の基準

最終更新記事

ホット・パーティクル hot particle
メンタル・ヘルス活動と地域の文化
アンケート調査でわかること
廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
労災補償の考え方
外部被ばくでの臓器の線量の光子のエネルギー依存性
検出できないということは、その食品に放射性物質は含まれていない?
県民健康調査 Fukushima Health Survey
林野火災と放射性物質の飛散
ロシア・ベラルーシの食品の基準

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
サブマージョン submersion
県民健康調査 Fukushima Health Survey
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
原発事故後の体表面スクリーニング
余命損失 Loss of life expectancy
スカイシャイン sky shine
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
不安をなくすべき?



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.