用語 さ/R

参考レベル
Reference level

放射線防護上の判断に使うレベル。

  • 線量低減策を講じるかどうか
  • 放射線被ばくに関して調査するかどうか
  • 放射線被ばくに関して記録するかどうか

のために設定される。 最適化とのツールとして用いられるが、環境経済学の立場では、最適化が図られるためには補償が公平に行われていることが前提になると考えられる。

放射線防護の最適化 -現存被ばく状況での運用-

「参考レベル」は、その値を超える人を優先的に減らす防護活動を実施するためのあくまで「目安線量」です。もちろん、安全と危険の境界を示すものでもありません。いわば、最適化の道具として用いる線量ということができます。

出典

原子力災害専門家グループからのコメント 第三十六回

参考資料等

原子力緊急事態時の長期被ばく状況における放射線防護の実施と課題

intervention levelとreference level

経過

行為と介入は古い概念

  • operational intervention level (OIL)は、現在のIAEA BSSでは、緊急時のOperational criteriaとしての位置づけ
  • 現在のIAEA BSSでは、現存被ばく状況においてreference levelsを設けることが政府の責務とされている。

現存被ばく状況におけるreference level

5.2. The government shall ensure that, when an existing exposure situation is identified, responsibilities for protection and safety are assigned and appropriate reference levels are established.

Codexのintervention exemption level

TECDOC-1788の注

The term used in the Codex [5] is ‘intervention exemption level’, a term used prior to the publication of GSR Part 3 [1]. This term may now be treated as effectively equivalent to the currently used term of ‘reference level’.

原子力規制庁

原子力災害時の事前対策における参考レベルについて(第3回)


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

リスク・コミュニケーション活動の評価
自己効力感
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
放射性ストロンチウムの健康影響
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染

最終更新記事

余命損失 Loss of life expectancy
メンタル・ヘルス活動と地域の文化
バックグラウンドの線量率
リスク・コミュニケーションの技法は何のため
組織加重係数 tissue weighting factor
放射性セシウムのCodexの基準と日本の食品の基準
自然の放射性物質のリスク
雷と放射線
不当表示 misleading representation
子孫核種 progeny nuclide

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
サブマージョン submersion
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.