用語 せ/A

積極的な監視療法
Active Surveillance

治療による予後改善と治療的な介入による不利益を比較し、治療介入による不利益が大きいと考えられる場合に、治療を行わない治療法。
注意深く経過観察し、病状が悪化する予兆をいち早くとらえて、時機を逸せず積極的治療介入する治療法であり、watchful waitingとも称させる。
生涯にわたり生命に影響を与えない潜在がんの患者に不要な手術または放射線治療など侵襲を伴う治療を避けることを意図している。

参考資料等

Akira Miyauchi. Clinical Trials of Active Surveillance of Papillary Microcarcinoma of the Thyroid
Oda Hitomi, Miyauchi Akira, Ito Yasuhiro, Yoshioka Kana, Nakayama Ayako, Sasai Hisanori, Masuoka Hiroo, Yabuta Tomonori, Fukushima Mitsuhiro, Higashiyama Takuya, Kihara Minoru, Kobayashi Kaoru, and Miya Akihiro. Incidences of Unfavorable Events in the Management of Low-Risk Papillary Microcarcinoma of the Thyroid by Active Surveillance Versus Immediate Surgery. Thyroid. January 2016, 26(1): 150-155
Papillary thyroid microcarcinoma: time to shift from surgery to active surveillance?
Juan P. Brito, MD, MSc. Active surveillance or Thyroidectomy for patients with low risk thyroid cancer
Applying Criteria of Active Surveillance to Low-Risk Papillary Thyroid Cancer Over a Decade: How Many Surgeries and Complications Can Be Avoided?
A systematic review of primary active surveillance management of low-risk papillary carcinoma
伊藤康弘、宮内昭.甲状腺微小乳頭癌の取り扱い(経過観察を中心に)




空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

リスク・コミュニケーション活動の評価
自己効力感
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
放射性ストロンチウムの健康影響
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染

最終更新記事

リスク・コミュニケーションは何のため?
余命損失 Loss of life expectancy
検出できないということは、その食品に放射性物質は含まれていない?
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
メンタル・ヘルス活動と地域の文化
自然放射線の対策は必要?
リスク・コミュニケーションの技法は何のため
リンク
ラジウム226 radium226
廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
サブマージョン submersion
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし




更新日時:2018年06月01日 
登録日時:2015年09月28日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.