問題

浄水器は放射性物質を除去するのに今でも有効?

以下の文章は正しいですか?
『一般的な浄水器は放射性物質を除去するのに今では有効と考えがたい。』

解答

正しい 誤っている どちらともいえない


空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響
雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理
きのこを用いた親子の食育ワークショップ
倫理的・法的・社会的問題

最終更新記事

廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
労災補償の考え方
放射性物質を投与された作業者
内部被ばくの低減策
低線量での生物応答
バックグラウンドの線量率
オフサイトの防災業務関係者の安全確保
情報の選択
分析的思考傾向の違いが及ぼす理解の違い
アンケート調査でわかること

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
スカイシャイン sky shine



コラム

制度

楢葉町自家用飲料水安全確保対策補助制度

原子力損害賠償紛争審査会

第 33 回原子力損害賠償紛争審査会

5. 沢水や井戸水を利用していた者への井戸の採掘費用等の賠償

・沢水や井戸水を利用していた家庭の深井戸掘削費用や新たに井戸を掘削するときの費用を別枠で賠償してほしい。

【ご回答】 飲料水につきましては、日々の生活の根幹をなすものであり、その安全性確保は帰還 後の生活再建において極めて重要です。従前、沢水、湧水、浅井戸の水を飲料水とし て使用されていた方々は、当社事故によりその安全性に不安を抱かれていることから、 飲料水の放射線量測定結果等を踏まえて、深井戸の掘削やフィルターの設置等の賠償 につきまして、今後も関係各所と調整してまいります。 なお、具体的な取り組みとして、葛尾村で避難指示解除見込み時期が当社事故発生時 から3年と設定された区域にお住まいだった方につきましては、上記の賠償を実施させていただく予定で検討を進めており、平成 26 年3月までに設置する予定です。他の 地域につきましては今後対応を検討してまいります。

総合特別事業計画(抄)

・飲料水の安全性確保に関する賠償 従前から、沢水、湧水、浅井戸を使用されていた方々は、原子力事故により飲料水の 安全性に不安を抱かれている。飲料水は日々の生活の根幹をなすものであり、その安全 性確保は帰還後の生活再建において極めて重要である。 このため、飲料水の放射線量測定結果等を踏まえ、深井戸の掘削やフィルターの設置等につき賠償するべく、関係各所と調整していく。

福島県原子力損害対策協議会

帰還後の生活に必要不可欠な飲料水の確保のため、井戸水や沢水に頼らざるを得ない地域における井戸の掘削費用等について、十分な賠償を行うこと。


スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.