用語 あ/T

アジア地域のALARAネットワーク(ARAN)
The Asia Regional ALARA Network

IAEA・アジア原子力地域協力協定に基づく職業被ばくの合理的な低減を目指すネットワーク。第1回の会合は、 2007年に韓国のDaejeonで開催された。このプロジェクトは持続する地域ネットワークの構築を目指しており、このネットワークにより、参加国の放射線防護に関し情報・知見やデータの交換や最適化の考え方に基づく実際的で費用効果的な対策の導入を促進することを目指している。第3回の会合では医療従事者の放射線防護が取り上げられた。

参考資料等

The Asia Regional ALARA Network
第3回の会合では医療従事者の放射線防護が取り上げられた。


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

放射性ストロンチウムの健康影響
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染
害虫から農作物を守るための放射線利用
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
緊急作業に従事した労働者を対象にした研究

最終更新記事

TOPページ
線量限度 dose limit
放射性ストロンチウムの健康影響
特定復興再生拠点区域 specified reconstruction recovery zone
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
除去土壌の処分の基準
バックグラウンドの線量率
オフサイトの防災業務関係者の安全確保
木造家屋での遮へい効果
外部被ばく external exposure

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
サブマージョン submersion
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.