用語 か/V

確率的生命価値
value of statistical life: VSL

社会的な介入が正当化どうかを判定するために導入される指標。ごくわずかな死亡リスクを何らかの介入で微少量削減できるとした場合の、その介入に対するWTP(支払い意思額)やWTA(いくら補助を受けるとリスクを受け入れるか)。例えば、10万分の2のリスクを10万分の1にするときのWTPが5千円であるとすると、VSLは、5千円÷10万分の1=5億円となり、この対策で100万人の人口に対して死亡リスクが10万分の2低下させることができるとすると、その対策の価値はVSLを用いて、100億円と算出される。

参考資料等

確率的価値の公的利用


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

シングル・ボイス
電子スピン共鳴法を用いた線量推計
非医療目的での放射線を利用した人体のイメージング
甲状腺検査の結果の解釈を巡る議論
リスク・コミュニケーション活動の評価
自己効力感

最終更新記事

トリチウム tritium
甲状腺検査の結果の説明
トリチウムの原子力施設からの計画放出と事故後の放出の違い
環境中の炭素14
線量限度 dose limit
国際原子力機関 International Atomic Energy Agency (IAEA)
課題を解決するための計測の必要性
ホット・パーティクル hot particle
きのこを用いた親子の食育ワークショップ Food education workshop targeting parents and children
原子力施設からのトリチウムの放出

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
余命損失 Loss of life expectancy
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし
薪ストーブをめぐる近隣トラブル




更新日:2014年03月14日 
登録日:2014年03月11日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2020 国立保健医療科学院 Some Rights Reserved.