用語 じ/E

実効線量
effective dose

放射線の種類による生体影響(=放射線加重係数で調整)と臓器の放射線感受性(=組織加重係数で調整)を考慮した線量。単位はシーベルト(Sv)。放射線防護のために用いることを想定している。

参考資料等

でも欲しいのはリスクを推計するスケール

   
エミ 防護量ではなく曝露量として使う場合には、その曝露を受けた方の年齢や性別などを考慮した加重係数を用いて合算した線量を用いるとよいのでは…

多田順一郎.実効線量を理解するために

ICRP

Use of effective dose


空白セル

おすすめ

保健師の方向け

 医師の方向け

新着情報

環境六法と放射線
国際原子力機関の総会での意思決定
線量拘束値(Dose constraint)と参考レベル(reference levels)
バックグラウンドの線量率
廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
林野火災と放射性物質の飛散

最終更新記事

労災補償の考え方
県民健康調査 Fukushima Health Survey
バックグラウンドの線量率
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
体の前に付けた個人線量計
モニタリング・ポストの値が細かく変動しています
原発事故以降に一般の方々が受ける線量の基準
誘導(濃度限度の) derived
余命損失 Loss of life expectancy
原因確率 probability of causation

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
サブマージョン submersion
県民健康調査 Fukushima Health Survey
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
原発事故後の体表面スクリーニング
余命損失 Loss of life expectancy
スカイシャイン sky shine
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.