用語 に/D

二重過程理論(推論の方法に関する)
dual process theory

推論の過程を二つのパターンに分ける考え方。「しっかり吟味する方法」と「周辺的な情報から手早く判断を下す方法」に大別される。しっかり吟味するのは大変なので(=ヒトは認知的節約家)、「周辺的な情報から手早く判断を下す方法」が利用されやすい。この場合は、情報発信者が信頼されるかどうかがなど判断の分かれ目になる。このため、相手に意図を伝えるという観点では、イメージづくりも重要になり、伝える中身だけではなく周辺状況への配慮も求められる。もっとも取り繕うことには限界もある(=優勢反応)。


空白セル

おすすめ

Social issue

キーワードの例

新着情報

決定しきい値(決定限界)
不確実性のロンダリング装置(としての統計学?)
ALPS treated water
シングル・ボイス
電子スピン共鳴法を用いた線量推計
非医療目的での放射線を利用した人体のイメージング

最終更新記事

ALPS treated water
電子スピン共鳴法を用いた線量推計
福島県産や東日本産の食材の利用
ロシア・ベラルーシの食品の基準
検出できないということは、その食品に放射性物質は含まれていない?
除去土壌の処分の基準
物品のスクリーニング
自然の放射性物質のリスク
食品の出荷制限の解除
検出限界が○(Bq/kg)である測定で放射性セシウムが検出されなかったこととは?

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
余命損失 Loss of life expectancy
県民健康調査 Fukushima Health Survey
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
サブマージョン submersion
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
不当表示 misleading representation




更新日:2014年05月29日 
登録日:2014年03月11日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2020 国立保健医療科学院 Some Rights Reserved.