用語 り/R

リスク
risk

ある行為が将来もたらすかもしれない危害により損失が生じる可能性。 危害の種類で損失が異なる場合には、その危害の生起確率とハザード(有害事象の有害性の大きさ)の積で与えられることがある。 何もしなくても損失は生じるので、リスクの大きさは、バックグランドとの差である寄与リスクや比(=何倍に増えるか)である相対リスクで与えられる。 バックグランドの大きさは時代や地域で異なるのでリスクの大きさは、それらにも依存する。 一般にリスクを取らないと利益は得られないように、社会の中でのリスクとは何かも研究対象となっている(リスク社会)。

参考資料等

相対リスクと絶対リスク

ベースラインのがん死亡の生涯での確率を0.3とし、1Gyでのがん死亡の相対リスクを1.5とすると、1Gyの曝露だとがん死亡の確率は生涯で0.45となり、ベースラインに比べると0.15の増加であることから、DDREFを2とすると過剰絶対リスク(=単位線量あたりの絶対リスク)は0.075となり、0.05とは一致しないのでないでしょうか?

そもそもが簡略化した議論であり、細かい吟味を想定しないと考えられます。
統一的基礎資料


空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

害虫から農作物を守るための放射線利用
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
緊急作業に従事した労働者を対象にした研究
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響
雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理

最終更新記事

余命損失 Loss of life expectancy
福島県産や東日本産の食材の利用
放射線はどこから飛んでくるのだろう?
放射線による生物の影響
自然放射性核種は蓄積しない?
線量再構築 dose reconstruction
過剰診断 overdiagnosis
モニタリング・ポストの値が細かく変動しています
線量率の増加が観察されている例
県民健康調査 Fukushima Health Survey

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
スカイシャイン sky shine



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.