用語 に/C

認知的均衡理論
cognitive balance theory

まとめ

コミュニケーションは放射線計測と同様に相互作用的なものであり、双方が感じている認知的不均衡を解消するために、自分が考えるように社会があるはずとする同化に頼るだけでなく、自分の考え方そのものの見直しが必要な調節機能を発揮することが求められる。そのためには、率直さが不可欠である。このため人々が出会う場を安心できるものとする必要があり、そのためには態度で示すことが重要である。

   
問題文画像1の代替テキスト  あの人って自分の都合の良い情報しか集めていない…
問題文画像2の代替テキスト  みんなそうではないのかな。それには理由があるのでは?
問題文画像1の代替テキスト  こんなに気を使っている私は立派って思いたいのかなあ…
問題文画像2の代替テキスト  そう思わないとやってられないのかもしれないが、みんなが頑張ったから今があるのではないのではかな
問題文画像1の代替テキスト  確かに大変な状況だったから、頑張ろって思うのはわかるけど、ちょっと思い込みが強すぎるのではないかしら
問題文画像2の代替テキスト  それまでに考えていたことが少し変じゃないのかと疑うのは自分自身からしかありえないけど、何が正しいのかも難しいお話しです
問題文画像1の代替テキスト  確かに算数だと正しいことがあるかもしれないけど、絶対に正しい政策なんてないと思う
問題文画像2の代替テキスト  永遠に平行線となるように思える問題ばかりかもしれないが、世界中の人々が努力を続けてきています
問題文画像1の代替テキスト  どちらにしても、 余裕がないと考える幅を広げられないから、周囲の暖かいサポートが大切ということね。

認知的均衡理論

自身の認知と社会の見え方を合わせようとすること。この間には不整合が生じるので、社会はこう見るのが正しいと考えるか(同化)、自分の考え方が良くないので変える必要があるとなる(調節)。自身の認知に合う情報を選択的に集めるのは同化である。同化により解決している場合には(解決させないと辛い)、認知に合わない情報をよかれと思って提供しても受け入れられない。自身の認知傾向は本人にとって利益があるので(例えば、○○に心配しているのは母親としてよい存在であると思える)、無理に変えることができない(○○に心配しなくてもよい母親だと思えるようになる必要がある)。また、そのように認知しないといられない状況という側面もある。調節は自発的になされるのでそのための環境整備が重要(心理的な緊張を解くような)。もっとも、この理論を推し進めると、全ての自分を疑えとなり(この理論も何かを都合よく考えるための罠かもしれない)、辛い面が出てきそうなので、適当なところで妥協するしかない。

参考資料等

永田良昭・飛田 操 編.現代社会を社会心理学で読む 第4章 認知的な矛盾の統合における他者との関係の意義


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

リスク・コミュニケーション活動の評価
自己効力感
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
放射性ストロンチウムの健康影響
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染

最終更新記事

ラジウム226 radium226
廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
検出限界が○(Bq/kg)である測定で放射性セシウムが検出されなかったこととは?
プール解析 pool analysis
希ガスによる線量
不当表示 misleading representation
公平であるとは?
風評被害(仲買人による買い控え) damage caused by negative reputation, harmful rumor
メンタル・ヘルス活動と地域の文化
水道水中の放射性ストロンチウム

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
サブマージョン submersion
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし




更新日時:2015年03月17日 
登録日時:2014年03月21日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.