用語 え/H

H*(0.07)
H*(0.07)

整列拡張場でのICRUスラブ球の深さ70μmでの線量当量で定義される周辺線量当量(Ambient dose equivalent)。 整列拡張場とは、放射線の方向がすべて一方向(整列場)が一様である(拡張場)ということで、実際の放射線場とは異なるバーチャルなものである。 ICRU球とは、人体と等価な物質でできた直径30cmの球のことで元素組成が指定されており、バーチャルな存在である。 線量当量とは、ある場所の放射線の量を表す物理量である。 周辺線量当量とは、ICRU球でのある深さでの線量当量を示し、作業場の安全確保のために用いられる。 個人の線量をモニタリングする量としては、個人線量当量が用いられる。

参考資料等

線量当量

問題

無限平面線源環境での個人線量計の応答

無限平面線源環境で個人線量計(個人に装着した)を周辺線量当量計として用いると、周辺線量当量を安全側に評価する?


空白セル

おすすめ

キーワードの例


新着情報

不確実性のロンダリング装置(としての統計学?)
シングル・ボイス
電子スピン共鳴法を用いた線量推計
非医療目的での放射線を利用した人体のイメージング
甲状腺検査の結果の解釈を巡る議論
リスク・コミュニケーション活動の評価

最終更新記事

WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
原子力発電所内のI-131
太平洋で採れるサンマの放射性セシウム濃度
川の魚と海の魚でのセシウム濃度の違い
土壌中のストロンチウム90
電子スピン共鳴法を用いた線量推計
青森県の野生キノコ
放射性セシウムのCodexの基準と日本の食品の基準
子孫核種 progeny nuclide

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
子孫核種 progeny nuclide
余命損失 Loss of life expectancy
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし
不当表示 misleading representation




更新日:2018年07月13日 
登録日:2014年03月30日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2020 国立保健医療科学院 Some Rights Reserved.