用語 か/E

環境経済学
Environmental economics

ある対策が効率的かどうかを判定するために費用便益分析などを用いる学問。
ただし、公共的な意思決定では、公平性の側面が極めて重要であり、効率性だけでは判断できません。
効率性は公平性と対立することがあり、両者を統一的に評価する公共政策評価論は確立していないので、費用便益分析は、公平性の問題が大きい場合には、適用できないという限界があります。
そもそも公平な補償が成り立っていないとここでの議論の大本となる前提が崩れます。

対策の優先度決定に役立つか?

   
母親 1mSv被曝を減らすことの獲得余命はどの程度ですか?
エミ 初年に1mSv被曝を減らすなら、それによる今後30年間の獲得余命は、全年齢平均で7.4×10-3年。4人家族なら、0.03年です
母親 そのことによる放射線リスク低減の便益はどの程度ですか?
アオイ 1年余命延長の便益が2000万円なら、60万円の便益です
母親 年間10mSv減らす効果があれば、600万円かけても損しないとなりそうですね
エミ 費用対効果が高い対策って何だろう?
母親 それよりも元に戻せという話だと思うけど…

個人の意思決定に役立つか?

   
母親 食品の基準値を超えるきのこを食べるかどうかというとんでもないテーマが扱われています…
エミ 1kg あたり500Bq の放射性セシウムを含む可能性のある野生のきのこを、10kg 食べると、5000Bq の放射性セシウムを摂取する可能性があります。当然、避けるべきリスクだと思う
母親 5kBqを摂取すると0.075mSvもの被曝を受けることになります(134 と137 が1:2 としています)
アオイ 1mSv の被曝が平均的年齢のがん死をもたらす確率を8×105 増加させ、平均余命を1×10 3年、失わせるとすると、0.075mSv の被曝は、40 分間もの余命を失わせることになるそうです
エミ その一方で、1 年の余命延長に2000 万円の便益があるとすれば、このきのこを食べることで1500 円の便益を失うそうです
母親 生活に伝統文化が大切というのは聞くのが辛くなります…
エミ 50 歳以上なら、このきのこを食べることで失う便益は500 円となりそうです。平均的個人なら、きのこ1kgで50 円以上の便益があれば、食べた方が得だそうです
アオイ その一方で、リスクを避けることにコストを払うリスク回避の観点から軽自動車を選ばず、1 年の余命延長に4000 万円以上の便益をもつ50 歳以上の人だと、きのこの便益が1kg あたり100 円以上なければ、食べた方が得にはならないそうです
母親 どう行動するかは個人がその個人が得するかどうかというよりも、その行動が周囲の方にどう影響を与えるかの要因の方が重要だと思う…
エミ このリスクを小さいと感じる方もおられると思うけど、放射線のリスクは比較的大きいと改めて感じた方もおられるのではないでしょうか

あのときの行動はおおむね正しかったのか?

   
母親 安定ヨウ素剤を服用できなかったことのわだかまりがまだ残っています…。服用できなかったことの不利益を定量的に示せるのでしょうか?
エミ 甲状腺がんのリスクを回避できなかったのではないかという観点だと計算できそうです
母親 「事故初期のヨウ素等短半減期による内部被ばく線量評価調査」成果報告書では、甲状腺計測による甲状腺の等価線量を最大65mSvと推定しています
エミ 線量を仮定すると、小児期の放射線被ばくによる甲状腺がんのリスクについてwarp_logoなどの資料からリスクが計算できそうです
アオイ そこでのデータを用いて、7つのERRの単純平均から0-19歳について、被曝4年後からのERRを10[Gy-1]とし、甲状腺等価線量の損失余命係数を求めると、0.050[日・mSv-1]になるようです。
母親 65[mSv]の甲状腺等価線量だと損失余命は3.2日(がん死リスク:7.8×10-1)ですね
アオイ 金額にすると22万円の損失となるようです
エミ ヨウ素剤の服用することによる不利益が、これを下回れば、この場合は、服用していた方が得となるのね…

参考資料等

環境経済学的な検討例

研修

保健医療事業の経済的評価に関する研修


空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

害虫から農作物を守るための放射線利用
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
緊急作業に従事した労働者を対象にした研究
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響
雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理

最終更新記事

余命損失 Loss of life expectancy
福島県産や東日本産の食材の利用
放射線はどこから飛んでくるのだろう?
放射線による生物の影響
自然放射性核種は蓄積しない?
線量再構築 dose reconstruction
過剰診断 overdiagnosis
モニタリング・ポストの値が細かく変動しています
線量率の増加が観察されている例
県民健康調査 Fukushima Health Survey

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
スカイシャイン sky shine



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.