問題

原子力発電所事故後の体表面スクリーニング

以下の文章は正しいですか?
『原子力発電所事故後の初期の対応して実施された端窓型のGM計数管を用いた住民のスクリーニング検査で想定されていた基準が、計画被ばく状況での管理区域設定基準のうち放射性同位体による表面汚染密度に関する基準(α線核種ではない場合40 Bq/cm2で、検出器のサイズが20 cm2のもので13 kcpm(一分間の計数率)に相当することがある)であったのは、偶然の一致に過ぎない。』

解答

正しい 誤っている どちらともいえない


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

リスク・コミュニケーション活動の評価
自己効力感
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
放射性ストロンチウムの健康影響
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染

最終更新記事

リスク・コミュニケーションは何のため?
余命損失 Loss of life expectancy
検出できないということは、その食品に放射性物質は含まれていない?
災害発生前での疫学研究の研究倫理審査
メンタル・ヘルス活動と地域の文化
自然放射線の対策は必要?
リスク・コミュニケーションの技法は何のため
リンク
ラジウム226 radium226
廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
サブマージョン submersion
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし




更新日時:2019年03月30日 
登録日時:2014年06月02日 

スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.