用語 ひ/S

比吸収割合
Specific Absorbed Fraction, SAF

ある線源器官で放射性核種の壊変に伴い生じた放射線のエネルギーのうち、ある標的器官で単位質量(1gか1kgあたり)に吸収される割合。
ある標的器官あたりで吸収される放射線のエネルギーの割合は吸収割合(Absorbed Fraction, AF)。

参考資料等

ICRP

Draft Report for Consultation: The ICRP Computational Framework for Internal Dose Assessment for Reference Workers: Specific Absorbed Fractions

cross-fire irradiation

   
エミ cross-fire irradiationとは何ですか?
アオイ 標的臓器と線源臓器が別で、標的臓器が周囲の線源臓器から放射線エネルギーを与えられることを指しているようです

計算してみたい?

   
エミ SAFの表がある資料を見つけました
母親 線源臓器が肝臓で標的臓器も肝臓の場合にはエネルギーが2MeVの光子に対しては、2.48E-01[/kg]であるようです
アオイ 計算過程を教えて下さい…
エミ 線源臓器が肝臓で標的臓器も肝臓で、エネルギーが2MeVの光子に対するSAFは 6.80E-05 [/g]であるようです(Hit me with that SAF zip file
母親 ここで示している資料では7.07E-02 [/kg]=7.07E-05 [/g]で、だいたい同じですね
エミ 肝臓の質量が1,910gの時(出典)は、次のようになるはずです
  1. 肝臓で1壊変して放出された2.0MeVの光子が持つエネルギーのうち、その6.80E-05が肝臓1gに吸収される
  2. 肝臓全体に吸収されるエネルギーの割合は、6.80E-05[/g] x 1,910[g]=1.30E-01 である
  3. 肝臓全体に吸収されるエネルギーは 2.0 MeV x 1.30E-01= 2.60E-01 MeVである
  4. I-132のγ線の実効エネルギーは1壊変あたり2.253MeVである。(原安委資料
  5. 肝臓でI-132が1壊変した場合、肝臓に吸収されるエネルギーは約2.253/2.0 MeV x 2.60E-01=2.9E-01MeVである。
   
アオイ 最後が正しくないです
カズ SAFは放射線粒子のエネルギーに依存するので、それぞれのエネルギー(それぞれの放射線粒子が持つエネルギー)別に与えられるエネルギー(熱量として組織に与えられるエネルギー)を計算して加重して加算する必要があるはず
エミ するとこちらにのっているγ線(とβ線)すべてについて計算しなければならないのでしょうか。計算は無理そうですね。
カズ まずは主だったもので計算すればよいのではないかな?
エミ

データ例

子ども

1歳児のSAF

電子も含むもの

平均的成人日本人男性ファントムを用いた光子及び電子比吸収割合の評価
ICRP/ICRUボクセルモデルを用いた光子・電子比吸収割合評価
膀胱壁の放射線感受性の高い細胞を考慮した光子・電子における吸収線量の評価
幹細胞を考慮した胃簡易モデルにおける光子および電子エネルギー付与解析

放射性核種の壊変時に放出されるそれぞれのエネルギー

I-132

現在進行中の検討

ICRP

Task Group 96

Computational Phantoms and Radiation Transport


空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理
きのこを用いた親子の食育ワークショップ
倫理的・法的・社会的問題
コケの放射性セシウムの濃度
環境六法と放射線

最終更新記事

遺伝的影響 genetic effect
過剰診断 overdiagnosis
よくあるご質問を皆さまとご一緒に考えるための資料です
ホット・パーティクル hot particle
TOPページ
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サイトポリシー
無限平面線源環境での個人線量計の応答
プールサイドを裸足で歩くことでベータ線により受ける放射線の対策
ラジウム226 radium226

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原発事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
スカイシャイン sky shine
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.