用語 た/E

体外計測
external counting

体内の放射性物質から放出される放射線を体外で計測して内部被ばく線量を推計する方法。
ホールボディーカウンター検査は体外計測による。

初期の甲状腺の検査例

メチル化したヨウ素131の吸入した場合の甲状腺への残留割合(日ごと(何日前に吸入摂取したか別に示されている))

残留率 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
3 mo (from 0 to 1 y of age) 1.73E-01 1.60E-01 1.40E-01 1.22E-01 1.07E-01 9.37E-02 8.21E-02 7.20E-02 6.31E-02 5.53E-02 4.84E-02 4.25E-02
1 y (from 1 y to 2 y) 1.75E-01 1.64E-01 1.45E-01 1.28E-01 1.13E-01 1.00E-01 8.89E-02 7.87E-02 6.98E-02 6.19E-02 5.48E-02 4.86E-02
5 y (more than 2 y to 7 y) 1.77E-01 1.68E-01 1.50E-01 1.35E-01 1.20E-01 1.08E-01 9.66E-02 8.65E-02 7.76E-02 6.95E-02 6.24E-02 5.59E-02
10 y (more than 7 y to 12 y) 1.79E-01 1.73E-01 1.57E-01 1.43E-01 1.29E-01 1.18E-01 1.07E-01 9.69E-02 8.80E-02 7.99E-02 7.26E-02 6.59E-02
15 y (more than 12 y to 17 y) 1.79E-01 1.73E-01 1.58E-01 1.43E-01 1.30E-01 1.18E-01 1.08E-01 9.79E-02 8.90E-02 8.10E-02 7.36E-02 6.70E-02
Adult (more than 17 y) 1.80E-01 1.74E-01 1.58E-01 1.44E-01 1.31E-01 1.19E-01 1.09E-01 9.89E-02 9.00E-02 8.20E-02 7.46E-02 6.79E-02

Type F(メチル化したヨウ素以外の化合物)のI-131を吸入した場合の摂取後一日経過後の甲状腺への残留割合)

I-131を吸入した場合の摂取後一日経過後の甲状腺への残留割合

   
カズ君 大人でI-131を吸入して一日後に体外計測して甲状腺へのI-131の集積量が仮に1E+5[Bq]だった場合の甲状腺等価線量はどうなるのかな?
母親 そのタイミングでの甲状腺への残留割合は、typeFを仮定するとMONDALでは0.086ですね
エミ そうすると吸入量は1.2E+06[Bq]となりそうです
アオイ 粒子径を1µmと仮定すると、甲状腺への預託等価線量換算係数は1.5E-07[Sv/Bq]なので0.17[Sv]となりそうです

出典

MONDAL

メチル化したヨウ素131の日々の吸入量の想定[Bq/d](毎日同じ量を吸入したと想定)

年齢階級 日々の吸入の摂取量[Bq]
1 y (from 1 y to 2 y) 3.58E+03
5 y (more than 2 y to 7 y) 7.93E+03
Adult (more than 17 y) 4.15E+03


メチル化したヨウ素131の吸入した場合の甲状腺への残留量[Bq](日ごと)

残留量 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
1 y (from 1 y to 2 y) 627 588 520 459 405 358 319 282 250 222 196 174 4400
5 y (more than 2 y to 7 y) 635 603 538 485 431 388 347 311 279 249 224 201 4690
Adult (more than 17 y) 760 735 667 608 553 502 460 418 380 346 315 287 6030


メチル化したヨウ素131をこの想定で吸入した場合の甲状腺の等価線量[mSv]

年齢階級 1日あたり 12日間の合計
1 y (from 1 y to 2 y) 9.0 108
5 y (more than 2 y to 7 y) 5.4 65
Adult (more than 17 y) 1.3 16


摂取量を日々変化させた場合

メチル化したヨウ素131の日々の吸入量の想定[Bq/d](I-131の物理的半減期に従うと想定)

年齢階級 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
1 y (from 1 y to 2 y) 2.41E+03 2.62E+03 2.86E+03 3.12E+03 3.40E+03 3.71E+03 4.04E+03 4.41E+03 4.80E+03 5.24E+03 5.71E+03 6.22E+03 4.85E+04


メチル化したヨウ素131をこの想定で吸入した場合の甲状腺の残留量[Bq]

年齢階級 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
1 y (from 1 y to 2 y) 421 430 415 399 384 371 359 347 335 324 313 302 4400


メチル化したヨウ素131をこの想定で吸入した場合の甲状腺の等価線量[Sv]

年齢階級 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 y (from 1 y to 2 y) 6.01E-03 6.56E-03 7.15E-03 7.79E-03 8.50E-03 9.26E-03 1.01E-02 1.10E-02 1.20E-02 1.31E-02 1.43E-02 1.56E-02 1.21E-01


原子力安全委員会

小児甲状腺被ばく調査に関する経緯についてwarp_logo

摂取シナリオへの疑問

   
エミ 12日間の慢性吸入摂取はあり得ないと思います
母親 当初数日間の急性摂取なら、体内残存4,400Bqに対応した累積摂取量が大きくなり線量がもっと高くなるのではという疑問ですね
アオイ その後の評価では「スクリーニング当時は,3月12日から 検査開始前日までの慢性吸入摂取を仮定」していたが、「個人の行動情報が利用できないため, 3月15日の急性吸入摂取を仮定」とあります

原子力発電所事故前のWBCの取り組み

緊急被ばく医療体制の整備状況等について
札幌医科大学附属病院(平成15年)「緊急被ばく医療活動実施要領」、「緊急被ばく医療活動マニュアル」 第1回ホールボディカウンタによる計測セミナー (受講者数6名)
茨城県「緊急被ばく医療初級講座」
青森県緊急被ばく医療マニュアル

WBCの取り組みの反省が述べられている例

関西でのホールボディカウンター検査の経緯

ガンマカメラは活用できる?

Calibration of gamma cameras for the Evaluation of Accidental Intakes of high-energy photon emitting Radionuclides by humans based on Urine Samples
A gamma camera for measurements of internal contamination after a radiological accident


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染
害虫から農作物を守るための放射線利用
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
緊急作業に従事した労働者を対象にした研究
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響

最終更新記事

TOPページ
青森県の野生キノコ
体外計測 external counting
線量再構築 dose reconstruction
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
余命損失 Loss of life expectancy
労災補償の考え方
原子力災害後の甲状腺モニタリング Thyroid Health Monitoring after Nuclear Accidents
トリチウム tritium
心のケア

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
サブマージョン submersion
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
スカイシャイン sky shine



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.