問題

労災補償の考え方

以下の文章は正しいですか?
『労災補償が認定されたことは事業者側の安全管理に過失があったことを意味するものではない。』

参考資料等

原子力損害賠償制度

原子力損害賠償制度ー国際的な観点を中心にー
原子力損害賠償に関する国際条約への対応の方向性について(案)

原子力委員会

原子力損害賠償制度専門部会

疫学研究のデザイン

Shojiro Yasuia. A recommended epidemiological study design for examining the adverse health effects among emergency workers who experienced the TEPCO fukushima daiichi NPP accident in 2011

労働者の健康影響

福島原発作業者の低線量放射線被ばく影響—研究の意義と展望

労働者の放射線管理

緊急作業従事期間中の被曝線量管理の見直し
東電福島第一原発廃炉等作業における被ばく低減対策の強化事業
厚生労働省「東電福島第一原発廃炉等作業における被ばく低減対策の強化事業」平成29年度業務を受託致しました。
東電福島第一原発緊急作業従事者に対する疫学的研究

東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の復旧作業への従事者の健康管理支援における課題

東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の復旧作業への従事者の健康管理支援等に係るフォローアップシステムの整備等を行う事業について、想定していた健康管理支援等を行うことが見込めないことが明らかな状況となったにもかかわらず、事業を見直すことなく、その後もシステムの保守契約等を締結するなどしていたもの

関連する法令

米国

RADIATION EXPOSURE COMPENSATION ACT

IAEA

OCCUPATIONAL RADIATION PROTECTION: PROTECTING WORKERS AGAINST EXPOSURE TO IONIZING RADIATION Proceedings of an International Conference, Geneva, 26–30 August 2002

眼の水晶体の線量限度の引き下げに伴う白内障の補償における線量把握に関する議論例

Jeffery CJ, Clark SM, Pinks TR, Stokes RP J. A proposed method for retrospective eye dose assessments for the purposes of resolving cataract compensation claims.Radiol Prot. 2015 Mar;35(1):229-33. doi: 10.1088/0952-4746/35/1/229. Epub 2015 Feb 19.

労災認定事例

放射線診療従事者での皮膚がんが労災認定された事例の情報

ILO

Approaches to Attribution of Detrimental Health Effects to Occupational Ionizing Radiation Exposure and their Application in Compensation Programmes for Cancer (OSH 73)

2.1.3 Threshold dose values for deterministic effects

The threshold for lens opacities sufficient to result, after some delay, in vision impairment is 2–10 Gy for sparsely ionizing radiation (and about 1–2 Gy for densely ionizing radiation) in acute exposures. The threshold dose rate is not well known for longterm chronic exposures, but it is likely to exceed 0.15 Gy per year for sparsely ionizing radiation. These estimates are currently under review.

3.1 Attributing deterministic effects

The system of dose limitation in the current framework for radiation protection is directed at ensuring that deterministic effects are prevented from occurring, while the occurrence of stochastic effects is kept to an acceptable level. This means, in effect, that the assigned share is effectively zero for deterministic effects in occupationally exposed workers where incurred doses are in compliance with the dose limits. Compensation of these claims of deterministic effects as radiation-related would not normally be considered at all.


空白セル

おすすめ

食育に関係する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

放射性ストロンチウムは健康影響をもたらす
原子力災害後の甲状腺モニタリング
ため池の除染
害虫から農作物を守るための放射線利用
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
緊急作業に従事した労働者を対象にした研究

最終更新記事

特定復興再生拠点区域 specified reconstruction recovery zone
放射性ストロンチウムは健康影響をもたらす
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
除去土壌の処分の基準
バックグラウンドの線量率
オフサイトの防災業務関係者の安全確保
木造家屋での遮へい効果
外部被ばく external exposure
内部被ばくの低減策
自然放射線の対策は必要?

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
余命損失 Loss of life expectancy
サブマージョン submersion
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
落ち葉を使ったたき火や薪を燃やした火おこし



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.