問題

リスク・コミュニケーションは何のため?

あらかじめ決まった結論をわかりやすく伝え、納得してもらうのがリスク・コミュニケーションの目的ではない?

解答

正しい 誤っている どちらともいえない


空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響
雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理
きのこを用いた親子の食育ワークショップ
倫理的・法的・社会的問題

最終更新記事

放射性セシウムのCodexの基準と日本の食品の基準
WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
リスク・コミュニケーションは何のため?
リンク
余命損失 Loss of life expectancy
トリチウム tritium
内部被ばくにより生体が受ける線量
TOPページ
線量再構築 dose reconstruction

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
スカイシャイン sky shine



コラム

リスクの対応には、個人レベルと社会レベルがある。

個人レベルは、どう行動するかは個人にゆだねられている。

  • メッセージの送り手は、個人が求めるリスク回避できるように情報提供。
  • 受け手はその情報が理解できたかどうかをフィードバックしたり、欲しい情報を取りに行く。

社会レベルでは、社会的論争となっている課題を社会として決定

  • 社会が求める「リスクのより適切なマネジメント」のために各プレーヤーが社会で求められる役割を果たす
  • そのために、対話・ 共考・協働を実践し、課題解決を図っていく

リスク・コミュニケーションにおける行政の役割

環境の整備

まずは職員が気持ちよく働けるように職場環境整備

  • メンタルヘルスなど対策が困難なところへの外部支援活用

(特にコミュニケーション分野の)専門家の活用

戦略的に取り組む必要がある

関係者のマインドセットを整えることにも配慮する必要がある

利害関係者を意志決定過程に巻き込む

利害関係者が理解の水準を上げられるようにリスク情報を提供すること

  • リスク情報が適切に知らされていると受け止められるようにする

それぞれ意思表明できるようにする

リスクが関係者間で公平に分配できるようにする

食品の安全に関するリスクコミュニケーション

内閣府食品安全委員会事務局

食品の安全に関するリスクコミュニケーションのあり方に関する報告書について(平成27年5月28日)

金川智恵先生の資料から

出典情報

第4回 リスクコミュニケーションのあり方に関する勉強会

厚生労働省

食の安全に関するリスクコミュニケーションの今後の進め方について(平成17年3月)
中西準子.福島における放射線リスク評価と管理 その壁は何か

EU

EU Scientific Seminar 2015 on risk communication

レビュー

Communicating With Residents About Risks Following the Fukushima Nuclear Accident

本院での研修後の取り組み例

山口県.健康危機管理研修開催要領(平成26年2月10日(月))

コミュニケータの生業の問題など

長神 風二.サイエンスコミュニケーション ー誰が、なぜ?

環境汚染を伴う災害後の対応

GRACE Study
Engaging a Chemical Disaster Community: Lessons from Graniteville

WHO

Communicating Risk in Public Health Emergencies
A WHO Guideline for Emergency Risk Communication (ERC) policy and practice


スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.