問題

県民健康調査
Fukushima Health Survey

東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、県民の被ばく線量の評価を行うとともに、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、もって、将来にわたる県民の健康の維持、増進を図ることを目的としている。
当初は、福島第一原子力発電所事故による県内の放射能汚染を踏まえ、福島県が、県民の健康不安の解消や将来にわたる健康管理の推進等を図ることが目的とされていたが、目的が見直され、名称も見直された。

「県民健康調査」検討委員会

県民健康調査における中間取りまとめ

調査の目的への理解は?

そもそも甲状腺検査は何のために行うのだろう?

   
えみ 何故、今さら…と疑問を感じつつも、県の研修を受けて、県立医大の方からお話しをお伺いして、嚢胞と結節の違いが理解できただけではなく、調査は 継続して行わないと、変化を調べられないことに気付きました。調査を受ける側が調査の意義や問題点を理解する必要があると感じました
にゃんこ 調査の目的や意義の説明だけではなく、限界や課題についても率直なお話しがありました
えみ 医大での取り組みが何であるのか、これまで分かりにくく感じていましたが、県全体を調査していることが分かりました。でも、健康調査をすすめるだけだけでなく、今、何をしていったら、子育て世代の不安が解消できるのかも考えていくべきではないかと思いました
にゃんこ 人々の気持ちに添った対応が必要と言うことですね
えみ 調査してもらい結果を示してもらっても、その結果にどう対応すればよいのかを考えるのが大変な感じがあります。横の機関とも連携が取られた福島で生活していく上で役立つような具体的な内容も聞いてみたいと思いました

検査の不利益にも言及している福島県からのお知らせ

甲状腺検査のお知らせ

甲状腺検査への疑問を考えるためのヒント

皆さん、疑問をお持ちなのでは

以下の長いやりとりで何を議論しているのか?

   
母親 保健福祉職員向けというだけあって一般の私たちにはよくわからない話です…。
エミ いただいた疑問を考えていると長くなってしまい、最後まで読むにはかなりの集中力が必要だと思う
母親 ある程度の専門的知識(統計学、疫学等)のある方には面白い記述内容かもしれませんが、一般のお母さん方は最初読み始めて分からなくなった段階で、それ以上は読む気になれずに、諦めてしまいそう…。
エミ では、ここでまとめてみます
母親 結論を先に、お母さん方が疑問持っている事や心配ごとについて分かりやすく端的に(短く)説明して欲しい…

結論

色々とある疑問や疑念に答えて欲しい

空白セル

おすすめ

食育に関する皆様向け

保健師の方向け  医師の方向け キーワードの例 意外な問題?

新着情報

WHOと米国の水道水中の放射性物質の基準の違い
福島での原子力災害のアメリカのカルフォルニア・ワインへの影響
雷と放射線
生薬の原材料の放射線管理
きのこを用いた親子の食育ワークショップ
倫理的・法的・社会的問題

最終更新記事

廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去
労災補償の考え方
放射性物質を投与された作業者
内部被ばくの低減策
低線量での生物応答
バックグラウンドの線量率
オフサイトの防災業務関係者の安全確保
情報の選択
分析的思考傾向の違いが及ぼす理解の違い
アンケート調査でわかること

記事一覧

学習問題(分野別)
用語(五十音順)


アクセス数トップ10

ホット・パーティクル hot particle
子孫核種 progeny nuclide
県民健康調査 Fukushima Health Survey
サブマージョン submersion
余命損失 Loss of life expectancy
原子力発電所事故後の体表面スクリーニング
放射線リスクコミュニケーション 相談員支援センター Support center for social workers engaged in recovery from the nuclear disaster
薪ストーブをめぐる近隣トラブル
安定ヨウ素剤 stable iodine tablets
スカイシャイン sky shine



スマートフォン | デスクトップ

© 2014 国立保健医療科学院 All Right Reserved.